【Apex legends】初心者向けのレジェンドは誰だ

APEXに限った話ではないですが、上手い人ってと~ってもしぶとくて全然倒れませんよね!『これ本当に同じキャラ使ってる?』なんて思う時がよくあります(笑)上級者は攻めと守りどちらも秀でてるからこそ簡単にはやられません。素早い移動でいったん引いて、シールドや回復を入れている姿を見たことがある人も多いのではないでしょうか。初心者と上級者の差は何といってもこの機動力。早い移動を身に着けることが生存への第一歩です。ということで今回は、初心者向けの"移動にアドバンテージを持つレジェンド"を紹介していきます!

スポンサーリンク

職業軍人ーバンガロール

初心者向けレジェンド1人目はビジネス軍人のバンガロールさん。彼女は撃たれると加速する"駆け足(DOUBLE TIME)"というスキルの持ち主。さっきまで話していた『高い機動力』を見事に体現している存在です(笑)スライディングせずに、ただ走っているだけでも充分に素早い移動が可能になります。
さらに戦術アビリティ"スモークランチャー(SMOKE LAUNCHER)"では視界が悪くなるスモークを発射可能。撃ち合いで押されているときは、いったんスモークを張って身を隠すという具合に、不利な状況からの立て直しが簡単なレジェンドとなっています。
またバンガロールは自分が引くだけでなく、相手を引かせることも得意。発動した一帯に支援砲撃を行うアルティメットの"ローリングサンダー(ROLLING THUNDER)"を発動すれば、前線に上がった相手をいったん下げて回復につなげることが出来ます。

次元をまたぐ戦闘兵ーレイス

バンガロールの50m走が6秒代だとしたら、レイスの50m走はだいたい1秒代。彼女の移動は無敵であり、さらに瞬間移動も可能なレジェンドです。

まず紹介していくのは戦術アビリティの"虚空へ(INTO THE VOID)"から。このアビリティはダメージを一切受けずに移動できるというスキル。そのため撃ち合いで劣勢の状態から無敵状態でいったん下がることができます。このアビリティを使っている間は、レイスが高速で移動しているエフェクトが見えるだけで、相手に姿ははっきりと見えていません。まさにヒット&アウェイに最適なレジェンドです。

さらにアルティメットアビリティの”ディメンションリフト(DIMENSIONAL RIFT)”を利用すれば、戦術はよりいっそう強力なものに。このアビリティは特定のポイント2つを一瞬で移動できるようにするため、敵との交戦に入る前に離れた場所に設置しておけば、戦闘中も安全地帯へすぐに下がれる点も魅力。まさに機動力の鏡といったレジェンドです!

戦う衛生兵ーライフライン


機動力、機動力と言い続けて、最後に紹介するこのライフライン。全然機動力に秀でていません(笑)『じゃあなんで紹介してるの?』と思うかもしれませんが、このレジェンド本当に初心者にオススメなんです。どのアビリティも使いやすくて、なおかつパーティ貢献度が抜群に高い。それでいて撃ち合いにも強いという優秀なレジェンドです。

撃ち合いで活躍するのが、戦術アビリティの”D.O.C.ヒールドローン(D.O.C.HEAL DRONE)”。自分を含め、付近にいる味方レジェンドの体力を回復してくれるアビリティです。敵と撃ちあっている最中に近くに置けばタフな状況で戦えるのはもちろん、いったん下がった際にヒールドローンをおいて体力を回復させつつ、自分はシールドをチャージすれば迅速に体力とシールドを同時に回復することができます。

また最初にも話した通り、ライフラインはパーティ貢献にも秀でたレジェンド。パッシブアビリティの"戦う衛生兵(COMBAT MEDIC)"はシールドを張りながら蘇生ができるので、安全に味方を起こせます。

アルティメットアビリティの”ケアパッケージ(CARE PACKAGE)”は、意図的にケアパッケージを呼べるアビリティ。装備更新の機会を増やすことによって、武器や防具のガチャ要素を格段に下げ安定した戦力の確保が可能に。至れり尽くせりなスキルで構成されたライフライン。ぜひ1度は使ってほしいレジェンドです。

まとめ


機動力とタフさをポイントに初心者向けのレジェンドを紹介していきました。タフと言えばシールドを自在に張れるジブラルタルもオススメしたかったのですが、キャラクターが大型のため弾の当たり判定も大きくなっています。また、ワイヤーを使って自在に移動できるパスファインダーもブラッドハウンドとキャラクターサイズが同じなのに何故か当たり判定が大きめ。ということで、この2つのレジェンドは今回候補から外しました。今後レジェンドごとの当たり判定が統一された場合は、
また状況が変わってくるかもしれません。ではまた ノシ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事