【フォートナイト】エイム練習に最適なクリエイティブコース【Fortnite】

フォートナイトを遊んでいると必ずぶつかる「エイム問題」。

実戦を通じて上達するのも1つの方法ですが、まずは集中してエイム練習したいという人も多いはず。

今回のエントリーで紹介する『AIM力測定島』は、そんな需要をあらゆる角度から叶えてくれるエイム練習に最適なコースとなっています。

このコースを利用して是非エイム力の向上につなげていきましょう!

スポンサーリンク

エイム練習コースの入場方法

島のコード「0169-1155-1162」を入力して『AIM力測定島』へ


まずはクリエイティブモードを起動します。他の島に入る時と同じようにクリエイティブハブから目的の島のコードを入力。しばらく「ロード中」という表記がでた後に『AIM力測定島』が表示されるので入場します。

『AIM力測定島』で出来ること

集中してエイムの反復練習ができる


『AIM力測定島』は『エイム練習場』と『総合AIM力測定』の2つのコースに分かれています。『エイム練習場』には多彩な内容のエイム練習コースが用意されており、自分ひとりで集中しながらエイムの練習が可能になっています。

自分のエイム力について計測も可能


もう一つの『総合AIM力測定』では中央のタイマーを使って、自分のエイム力を計測することができます。自分がどの程度の実力なのかは、タイマー隣のボードで確認。各スコアを参考にレベルアップを目指していきましょう。

『エイム力測定』スコア一覧

レベル タイム 分類
1 9分以上 超初心者
2 7〜9分 初心者
3 6〜7分 初級者
4 5〜6分 中級者入門
5 4〜5分 中級者
6 3〜4分 中級者上位
7 2分30秒〜3分 上級者入門
8 2分〜2分30秒 上級者
9 1分46秒〜2分 AIMゴリラ
10 1分45秒以下 精密機械

利用できるエイム練習の内容

アサルトライフルを使った基本練習


『アサルトライフルを使った基本練習』では、フォートナイトの万能武器アサルトライフルを使ってエイムの基本操作を確認できます。部屋の中には無数のターゲットが用意されているので、下の手順を参考にエイム力アップを目指していきましょう。

練習手順

まずは中央のターゲットに命中させ、そのあと他のターゲットへ攻撃。この動きを繰り返して、全てのターゲットを破壊しましょう。

スナイパーライフルを使った偏差エイム練習


次に紹介するのが、この『スナイパーライフルを使った偏差エイム練習』。『偏差エイム』または『偏差撃ち』というのは、弾速と相手の移動を予測して銃弾を命中させる技術のこと。実戦でスナイパーライフルを使用する場合には、この技術を求められる機会も多いので、ここでしっかり練習しておくのがオススメです。

練習手順

この場所での練習方法はとっても簡単!スナイパーライフルのスコープ覗き込み、全てのターゲットを破壊すれば練習完了になります。

アサルトライフルを使った追いエイム練習


3つめは『アサルトライフルを使った追いエイム練習』を紹介。1つ目で練習した方法の応用版とも言える内容で、動くターゲットに向かってアサルトライフルを撃っていきます。先程の練習よりも、より実践的な動きになるためしっかり練習しておくとグッド。

練習手順

この場所も練習方法はとってもシンプル。動くターゲットを全て破壊すれば練習完了になります。

ショットガンを使ったフリックエイム練習


最後に紹介するのが『ショットガンを使ったフリックエイム練習』です。『フリックエイム』とはターゲットにむかって一瞬でエイムを合わせる技術のこと。

フォートナイトは建築バトルの際に、ショットガンを持った敵があらゆる方向から襲ってくるため『フリックエイム』の技術が特に求められます。この場所で『フリックエイム』を習得して、ショットガンの撃ち合いに勝利できるようになりましょう。

練習手順

まず中央にある動物の調度品に自分の照準を置き、そこから一気に狙ったターゲットへずらします。うまく壊せたらまた中央へ。再び別のターゲットを目指して攻撃しましょう。

まとめ

クリエイティブではマップ作成者のサポートも可能です


以上、『エイム練習に最適なクリエイティブコース』の紹介でした!上記の練習コースを利用しながら、少しでも『敵に攻撃が当たらない!』という状況を減らしていくと、敵をキルできる回数も自然と増えていくと思います。あせらず自分のペースで練習を積み重ねていきましょう!

今回紹介した『AIM力測定島』は、攻略情報でお世話になっている方も多い「gamewith」さんの作成したクリエイティブコースとなっています。マップ入場後の画面左上から直接クリエイターサポートも可能なので、応援したい方はこの場所からサポートしてみると良いかもしれません。ではまた ノシ


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事