『BF2042(バトルフィールド2042)』でフレームレートを上げる設定方法について解説

DICEが開発を手掛けるFPSタイトル『BF2042(バトルフィールド2042)』について、フレームレートを上げる設定方法を解説していきます。次世代CS機とPCをベースに圧倒的なビジュアルを体験できる本作。最大128人のプレイヤーが参加できる広大なフィールドで、スペシャリスト・武器・乗り物を駆使したカスタマイズに富んだ対戦が楽しめます。

いっぽうで次世代機用のグラフィックスで構成された結果、リリースされているゲームの中でもトップクラスの重さに。推奨環境にRTX3060と記載されていることからも伺えるように、現状だと並大抵のPCではまともなフレームレートを確保するだけでも一苦労です。

ということで、今回のエントリーでは『BF2042(バトルフィールド2042)』のフレームレートを上げる設定方法についてピックアップ。ゲーム内の設定方法からゲーム外の設定方法まで幅広く紹介していきます。

スポンサーリンク

【News】『BF2042(バトルフィールド2042)』でフレームレートを上げる設定方法について解説

ゲーム内の設定

オプションの「表示」項目からグラフィック設定を変更する

画面モード フルスクリーン
縦横比 16:9(ネイティブ)
解像度 1920×1080
明るさ 50%
モーションブラー 0
色収差効果 オフ
フィルムグレイン効果 オフ
ビネット効果 オフ
レンズの歪み効果 オフ
グラフィックのクオリティー カスタム
テクスチャのクオリティー
テクスチャのフィルタリング
 照明のクオリティー
エフェクトのクオリティー
ポストプロセスのクオリティー
メッシュのクオリティー
地形のクオリティー
草のクオリティー
アンチエイリアス・ポストプロセス TAA低
アンビエントオクルージョン オフ
 DLSS パフォーマンス
レイトレース アンビエントオクルージョン オフ
NVIDIA Reflex 低遅延モード 有効
先行フレームレンダリング オフ
垂直同期 オフ
高品質オブジェクトの数

ゲーム外の設定

「GstRender.ShadowQuality」とGstRender.Dx12Enabled」の数値を変更する

settingsフォルダ内を操作する必要があるため、今後のアップデートで予期せぬエラーが発生する場合があります。PCの操作に不安がある場合はオススメしません。自己責任で対処できる方のみ参考にしてください。

「ユーザーフォルダ\ドキュメント\Battlefield 2042\settings\PROFSAVE_profile」をメモ帳から開きます。「GstRender.ShadowQuality」を検索して数値を0に変更してください。

次にGstRender.Dx12Enabled」を検索して数値を1に変更します。最後に上書き保存して完了です。

 NVIDIAコントロールパネルの設定を変更する

windows10の場合はPCのデスクトップ画面で右クリック、windows11の場合はshiftキー+F10キーを押してNVIDIAコントロールパネルを選択します。

次に設定画面から3D設定の管理のタブを選び、低遅延モードを「オフ」または「オン/ウルトラ」に設定します。どちらの設定でフレームレートが上がるか環境によって異なります。設定後にゲームを起動して確認してください。

その他の設定

グラフィックドライバをアップデート

『BF2042(バトルフィールド2042)』のリリースに併せて、本作のNVIDIA DLSS、Reflex、レイトレーシングに対応した最新のGeForceゲームドライバが提供されています。フレームレート向上に繋がるので欠かさず行いましょう。

ということで、以上『BF2042(バトルフィールド2042)でフレームレートを上げる設定方法について解説』でした。

ではまた ノシ!

スポンサーリンク
コメントを残す

関連キーワード
関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう