【News】Nintendo Switchシステムバージョン10.00が配信開始。ハードによるキーコンフィング変更が可能に

任天堂は4/14、Nintendo Switchシステムバージョン10.00を配信しました。本アップデートによりハードによるキーコンフィング設定が可能になったほか、本体とSDカード間でのデータ移動など便利な機能が多数追加されています。

※以下、プレスリリース文を引用

「ゲームニュース」にブックマーク機能を追加しました。

  • ゲームニュース内のブックマークボタンから最大300件分を登録できます。

    ブックマークしているゲームニュースを見るにはインターネットに接続できる環境が必要です。

    配信が終了したゲームニュースは、ブックマークしていても見られなくなります。

「設定」の「データ管理」に「本体/SDカード間のデータ移動」を追加しました。

  • ダウンロードソフトや更新データ、追加コンテンツを本体保存メモリーとSDカードとの間で移動できるようにしました。

    セーブデータと一部の更新データは移動できません。

「設定」の「コントローラーとセンサー」に「ボタンの割り当てを変える」を追加しました。

  • 登録されているコントローラーごとに、スティックやボタンの割り当てを変更できるようにしました。
  • 変更後の設定を「お気に入り」として保存しておくこともできます。

    設定情報はNintendo Switch本体に保存されます。

    設定を変更できるコントローラーの種類は「Joy-Con (L)/(R)」「Nintendo Switch Proコントローラー」「Nintendo Switch Lite」です。その他のコントローラーではこの機能は利用できません。

    「お気に入り」はコントローラーの種類ごとに最大5つまで保存できます。

「ユーザー設定」に「プレイ記録の設定」を追加しました。

  • 「プレイ記録の設定」を追加し、これまで「フレンド機能」の設定内にあった「プレイ記録の公開」と「プレイ記録の消去」の2つを移動させました。

ユーザーに設定できるアイコンを追加しました。

  • 『あつまれ どうぶつの森』より6種類を追加しました。

いくつかの問題の修正と動作の安定性、利便性を向上させました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事