【SEKIRO】『大忍び 梟』を忍殺攻略!父の背中を越えていく

志が違えば、例え親子でも戦わなければいけない厳しい忍びの世界。

今回は狼にとって師匠であり忍びとして最大の敵『大忍び 梟』について解説していきます。

『大忍び 梟』戦のポイントは全部で2つ

1つ目は体幹は無視して体力を削ること。

2つ目は中距離を保って"兜割"攻撃のみ反撃を入れることです。

それでは細かく見ていきましょう!

スポンサーリンク

【SEKIRO】『大忍び 梟』攻略

反撃を入れる攻撃

手裏剣2発投げて兜割

『大忍び 梟』はこの攻撃にだけ反撃を入れていればOK!

まずは手裏剣2発をガード、その後『大忍び 梟』が飛び上がるのでターゲットをロックしたまま回り込むように背後へ

3発反撃を入れたら粘らずに距離を取りましょう

 投げてくる手裏剣が1発だと攻撃が変化します。

手裏剣1発投げて薙ぎ払い

兜割と紛らわしいのがこの攻撃。

予備動作の違いは手裏剣を投げてくる数の違いです。

手裏剣が1発ならすぐにガードの用意

反撃は考えず距離を取りましょう。

防御に専念する攻撃

蹴りをいれて手裏剣投げ

回避方法は後方ジャンプでもガードでも大丈夫

そのまま中距離を意識して"兜割"を誘発しましょう。

 2ゲージ目では手裏剣が毒投げに変化します。

回復封じ

離れていれば怖くない攻撃。

距離をとって回避していけばOKです。

タックルからの爆竹斬撃

『大忍び 梟』のなかで最も威力が高い攻撃パターン

攻撃範囲も広いので、タックルが来たらおもいっきり距離を取りましょう

【SEKIRO】『大忍び 梟』攻略方法:まとめ

 

『大忍び 梟』攻略ポイント
    • 体幹は無視して体力を削る。
    • 中距離を維持して兜割を誘発。
    • 反撃を入れるのは兜割のみでOK。


『大忍び 梟』戦ではひたすら体力を削っていくのが攻略のカギ

若干長期戦になりますが、集中力を切らさずに忍殺を決めていきましょう。

ではまた ノシ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事