【VALORANT】エージェント:OMEN(オーメン)のアビリティ詳細・解説【ヴァロラント】

2020年夏のリリースに向けて、現在一部地域にてクローズドβテストを実施している『VALORANT』。操作キャラクターは「エージェント」と呼ばれ、それぞれのエージェントに「デュエリスト」、「センチネル」、「イニシエーター」、「コントローラー」の中から1つ役割が割り当てられています。

※各役割については以下の通り

  • デュエリスト:キルが稼ぎやすいアビリティを中心にキャラが構成されており、いち早く戦闘に参加して敵を殲滅するエージェント。
  • センチネル:防御型のエージェント。アビリティがテリトリーの補強や敵の攻撃の鈍化など、チームを守るのが主な役割。
  • イニシエーター:索敵による敵の位置把握や、フラッシュやスタンによる妨害といったアビリティを中心にチームのチャンスを作るエージェント。
  • コントローラー:視覚や進路の妨害のアビリティをメインに、相手の進行をコントロールすることで戦況を有利に運ぶのが主な役割。

さて、今回のエントリーでは「コントローラー」の1人、エージェントOMEN(オーメン)をピックアップ。スキルの詳細について文章と動画で解説していきます。

スポンサーリンク

【VALORANT】エージェント:OMEN(オーメン)のアビリティ詳細・解説

エージェント全体の仕様


スキルに関する仕様は以下の通り。『VALORANT(ヴァロラント)』ではマッチを通して獲得できる資金を使い、アビリティをはじめ武器やアーマーを購入する仕様となっています。

  • アビリティ1: ラウンド開始時、武器やアーマーと同様に購入できる
  • アビリティ2: ラウンド開始時、武器やアーマーと同様に購入できる
  • シグネチャー・アビリティ: 購入対象ではなく常時保有している。一定時間で再使用可
  • アルティメットアビリティ: キルやラウンドを通じてチャージできる。また、マップ内のオーブを取得することで一気にチャージを進めることも可能

アビリティ一覧


影を操り、自ら影にもなる「コントローラー」のエージェント。テレポートなどの特殊なアビリティで敵をかく乱します。

  • 【C】アビリティ1:シュラウデッドステップ Cost:100(最大2スタック)
    • 前方に自らの影を設置し短距離のテレポートが可能になる
  • 【Q】アビリティ2:パラノイア Cost:200
    • 影を射出しヒットした敵の周辺を真っ暗にする
  • 【E】シグネチャー・アビリティ:ダークカバー Cost:Free
    • 視界を遮る影の球体を任意の場所で発生させる
  • 【X】アルティメットアビリティ: フロムザシャドウ Cost:7ポイント
    • 戦術マップ上の任意の場所にテレポートができる
    • テレポート中は影として相手のミニマップ表示され、影が破壊された場合は元の場所に戻る

OMEN(オーメン)のアビリティ紹介動画


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事