【VALORANT】初心者から上級者までオススメな定番クロスヘア5選【ヴァロラント】

当ページのリンクには広告が含まれています。

RiotGamesが開発・運営を手掛ける対戦型FPS『VALORANT(ヴァロラント)』。本作はe-sportsを念頭に開発されており高い競技性が魅力のタイトルです。このような競技性の高いFPSで特に重要なのがゲーム内設定。なかでも、今回紹介するクロスヘアは撃ち合いに直結する部分ということもあり、プロを含めプレイヤーから特に注目される設定箇所となっています。

『VALORANT(ヴァロラント)』では様々なクロスヘアを作成できる一方で、初心者などゲームを始めたばかりのプレイヤーにとっては設定が複雑なのが難点です。ということで、今回のエントリーでは『VALORANT(ヴァロラント)』で遊ぶうえでオススメなクロスヘアを計5つを紹介。あわせて、設定を変える際の基本操作についても解説していきます。

目次

【VALORANT】初心者から上級者までオススメな定番クロスヘア5選【ヴァロラント】

クロスヘアの設定方法

パッチ4.05よりクロスヘアの共有コードを作成&取り込む機能が追加。この機能を使うことで、複雑な操作ナシで自分のクロスヘアを変更することが可能になりました。

コード作成の時と同様に設定画面からクロスヘアの項目を開きます。「クロスヘアプロファイル」欄にある「プロファイルコードのインポート」を選択してください。

画面にコードを張り付けるボックスが表示されます。プロの設定や友達のコードなど、共有してもらったコードをこの場所に貼り付けます。

貼り付け終わったらインポートを選択して完了です。

※各設定項目の詳細については以下の記事をチェック

[article id=”12063,” cat_name=”1″ layout=”list” ]

※自分の設定を友達と共有したい場合は以下の記事をチェック

[article id=”17566,” cat_name=”1″ layout=”list” ]

オススメな定番クロスヘアを5つ紹介

スタンダードクロスヘア

輪郭とセンタードットが無く加えて非常に小さいことが特徴なクロスヘア。『VALORANT(ヴァロラント)』は初弾の精度が重要なゲームとなっており、小さいサイズのクロスヘアが非常に人気です。

デメリットは輪郭が無いため、背景やスキルなど同系色に重なると見えづらくなります。

共有コード 0;P;c;1;h;0;0l;4;0o;2;0a;1;0f;0;1b;0

太めスタンダード+輪郭あり

上で紹介したスタンダードクロスヘアの設定を少し太くして輪郭を追加したバージョン。輪郭があって太いため、同系色でもしっかり見えるのがメリット。サイズもそれなりに小さいので初弾も当てやすいのが特徴です。

共有コード 0;P;c;1;0l;5;0a;1;0f;0;1b;0

四点ドットクロスヘア

真ん中の空間が広く取られており、敵にエイムを合わせやすいのが特徴。近距離と遠距離問わずひたすら見やすい環境でクロスヘアをコントールできます。

共有コード 0;P;c;1;o;1;0l;3;0o;5;0a;1;0f;0;1b;0

ドットクロスヘア

エイム強者に人気のクロスヘア。ヘッドショットに全神経を集中させたいプレイヤーにオススメです。小さくて見えづらいことや、敵の頭だけ飛び出ている状況で狙うと相手プレイヤーが完全に潰れてしまうことがデメリット。

共有コード 0;P;c;1;d;1;z;3;0t;0;0l;0;0o;0;0a;0;0f;0;1b;0

穴あきクロスヘア

ドットクロスヘアの中心部に穴をあけたクロスヘア。中心部に穴が空いているので、遠くの敵や頭一個を狙った際にも敵が潰れて隠れないのがメリットとなっています。

共有コード 0;P;c;1;h;0;0t;3;0l;1;0o;1;0a;1;0f;0;1b;0

クロスヘア共有サイト「Valorant Crosshair Database」

プロのクロスヘアなど、もっといろんな設定を知りたい場合にオススメ

「Valorant Crosshair Database」はプレイヤー間で簡単にクロスヘアの設定を共有できるウェブサイト。世界で活躍するトッププロの設定をはじめ、実用性を無視した一風変わったクロスヘアまで様々な設定が公開されています。

エントリー内で紹介した以外のクロスヘアついても知りたいなど、もっとたくさんの設定を試してみたいプレイヤーにオススメです。

[blogcard url=”https://www.vcrdb.net/”]


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャリア系メディアでライターとして勤務後、2017年よりフリーランス。学生向け新卒メディアの取材を経験したのち、現在は趣味のゲームを題材にブログを管理・運営しています。

目次