【Diablo IV】グラフィック設定について解説。各項目の詳細からオススメ設定まで紹介!【ディアブロ4】

当ページのリンクには広告が含まれています。

Activision Blizzardが開発を手がけるハクスラRPG「Diablo IV」についてグラフィック設定を解説していきます。

今回のエントリーでは「Diablo IV」のグラフィック設定に用意されている各変更項目の詳細をはじめ、各用途別のオススメ設定まで幅広くピックアップ。

本作をプレイするにあたってグラフィック設定に悩んでいる方は良かったら参考にしてください。

目次

【Diablo IV】グラフィック設定について解説。各項目の詳細からオススメ設定まで紹介!【ディアブロ4】

グラフィック設定の変更方法

グラフィックの変更は「Diablo IV」メニュー画面の「オプション」を選択することでアクセス可能です。

オプション一覧から「グラフィック」を選択、続けて項目内の「品質」にて各種グラフィック設定を変更することができます。

1つ上の項目の「パフォーマンス」では、DLSSの適用やフレームレートの上限変更、さらには解像度のパーセントなどグラフィック設定に付随する様々な要素を変更可能です。

グラフィック項目の詳細

テクスチャのクオリティ ゲーム全般で使われるテクスチャの鮮明度とサイズを決めます。
異方性フィルタリング 異方性フィルタリングに使用するサンプルの数を決定します。
シャドウのクオリティ シャドウの方式およびクオリティを調節します。
ダイナミックシャドウ ダイナミックシャドウを描画するかどうかを切り替えます。
ソフトシャドウ ソフトシャドウがレンダリングされるかどうかを切り替えます。
影のクオリティ 様々な視覚効果を適宜制御します。
SSAOのクオリティ SSAOに使用するサンプルの数を調整できます。
フォグのクオリティ シャドウの方式とクオリティを制御します。
オブジェクトのクオリティ 草や葉のような地面に散乱するオブジェクトが配置される密度と描画距離を調整します。
毛皮クオリティレベル プレイヤーの装備、敵、環境に表示される毛皮のクオリティレベルを制御します。
水のシミュレーションのクオリティ 水のシミュレーションに使うテクスチャの大きさを決定します。
アンチエイリアシングのクオリティ アンチエイリアシング用に描画するサンプルの数を制御します。
ジオメトリの複雑さ メッシュのディティールが失われる距離を制御します。
地形ジオメトリのディテール 地形メッシュのレンダリングに使用されるディティール量を制御します。
物理演算のクオリティ コリジョンや重力のリアリティを決定します。
パーティクルのクオリティ 出現するパーティクルの数を制御します。
反射のクオリティ 反射に使うブローブの数を制御します。
画面スペースの反射 画面スペースの反射を描画するかどうかを設定します。
ディストーション スクリーンスペースディストーションを適用するかどうかを決定します。
FX低 レンダリングされたパーティクル効果の数を減少させます。有効にするとパフォーマンスが大きく向上する可能性があります。

筆者オススメのグラフィック設定

※『見た目もFPSも諦めたくない』欲張り向け>>>お好みで「DLSS.バランスかクオリティ」を入れるとより◎

テクスチャのクオリティ
異方性フィルタリング 16×
シャドウのクオリティ 最高
ダイナミックシャドウ 有効
ソフトシャドウ 有効
影のクオリティ
SSAOのクオリティ
フォグのクオリティ
オブジェクトのクオリティ 最高
毛皮クオリティレベル
水のシミュレーションのクオリティ
アンチエイリアシングのクオリティ
ジオメトリの複雑さ
地形ジオメトリのディテール
物理演算のクオリティ
パーティクルのクオリティ
反射のクオリティ
画面スペースの反射 有効
ディストーション 有効
FX低 無効

※『高フレームレートこそ至上の喜び』なFPS脳向け>>>お好みで「DLSS.パフォーマンスかウルトラパフォーマンス」を入れるとより◎

テクスチャのクオリティ
異方性フィルタリング
シャドウのクオリティ
ダイナミックシャドウ 無効
ソフトシャドウ 無効
影のクオリティ
SSAOのクオリティ
フォグのクオリティ
オブジェクトのクオリティ
毛皮クオリティレベル
水のシミュレーションのクオリティ
アンチエイリアシングのクオリティ
ジオメトリの複雑さ
地形ジオメトリのディテール
物理演算のクオリティ
パーティクルのクオリティ
反射のクオリティ
画面スペースの反射 無効
ディストーション 無効
FX低 有効
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャリア系メディアでライターとして勤務後、2017年よりフリーランス。学生向け新卒メディアの取材を経験したのち、現在は趣味のゲームを題材にブログを管理・運営しています。

目次