【フォートナイト】DirectX12への対応を発表!高フレームレートでのプレイがより快適に【Fortnite】

2019年11月20日、Epic Gamesは次期パッチV11.20よりDirectX12に対応するとtwitter上で発表しました。これにより、高性能なグラフィックカードでは動作がより安定し、高いFPSを維持することが出来るようになります。本エントリーではDirectXについて説明すると共に、対応カードを一覧で紹介していきます。

スポンサーリンク

DirectX12への対応を発表!高フレームレートでのプレイがより快適に:詳細

DirectXとは

DirectXは、Microsoft開発のAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)。DirectXをWindowsに組み入れることによって、ゲームや動画といったマルチメディアを快適に処理できるようにしています。パソコンゲームの処理のほか、ゲーム開発にもツールとして使用されています。なお、DirectXはWindows以外にも、Xboxシリーズにて広く活用されています。

DirectX12:対応カード一覧

DirectX12に対応しているグラフィックカードについては、下のURLにて一覧で確認できます。また現在使っているカードがDirectX12に対応していなくても、現在使われているDirectX11は引き続き利用できるので、ゲームがプレイできなくなるという事はありません。あくまで選択肢が増えるアップデートなっています。

フォートナイトが最新のDirectX12に対応

※以下、公式サイトより引用

フォートナイトがMICROSOFT DIRECTX 12に対応

2019.11.19
作成 フォートナイトチーム

技術の進化に伴い、フォートナイトも進化します!

現在のPC版フォートナイトでは、Microsoft DirectX 11を実行できるグラフィックカードが必要です。しかしv11.20では、Microsoft DirectX 12を使用するPC版をプレイするためのオプションが追加されます!

DirectX 12を使用することで、高性能なGPUを持つPCプレイヤーはより高く安定したフレームレートを体験できます。これはDirectX 12がより優れたCPUパフォーマンスを発揮し、複数のコアでのジョブのレンダリングを可能にするためです。

今後、DirectX 12によって可能となる機能をフォートナイトに追加していく予定です。これらの機能が追加される前にプレイヤーにDirectX 12の選択を可能にすることで、開発努力において貴重な情報がもたらされ、あらゆる不具合をなくすうえでの手助けとなるでしょう。

DirectX 12のテストにご協力いただけるという方は、ぜひこの新しいオプションを試してみてください。

今後とも変わらぬご支援を、よろしくお願いいたします!

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事