『メタファー:リファンタジオ』Steam/PS5/PS4/XSX|Sで2024年に発売へ。ペルソナ開発陣が手がける完全新作ファンタジーRPG

アトラスは6月20日、開発中の新作RPG『メタファー:リファンタジオ』について、Steam/PS5/PS4/XSX|Sで発売することをアナウンスした。昨日行われた同タイトルの記念特番にて明らかになっている。

『メタファー:リファンタジオ』はかつてPROJECT Re FANTASYとしてアナウンスされていたタイトルで、先日行われたXbox Game Showcaseにて正式発表された。開発はペルソナシリーズの橋野 桂氏などを中心に、社内プロダクションのスタジオ・ゼロが手掛けている。アトラスの代表作として知られる「真・女神転生」「ペルソナ」シリーズに続く看板フランチャイズとして制作された完全新規のRPGタイトルだ。

題名にもなっている通り、本作の大きな特徴は何と言っても”ファンタジー”であること。これまで現代劇を得意としてきたアトラスだが、ゲームでも屈指の人気を誇るジャンルを同社なりに紐解いたゲームになっているという。もちろん、アトラスが作る”ファンタジー”であって、ごく一般的な幻想が描かれるわけではない。『メタファー:リファンタジオ』で登場する「理想郷」は何処か別の世界ではなく”現代”の方であり、現代人こそが幻想世界の住人であるようだ。詳しい内容はまだ不明だが、ファーストトレーラー終盤で主人公が話す通り、「幻想はただの絵空事なんかじゃない」というのがゲームを通して描かれるのだろう。

UIについては、アトラスらしいスタイリッシュなデザインが採用されている。ファミ通のインタビュー内でも、完全新規タイトルであるものの、システムやUIについては「ペルソナ」シリーズを経験したユーザーであればスムーズに理解できるとしている。また、アトラスのタイトルに触れたことがなくても、ファンタジーRPGが好きなユーザーであれば問題なく楽しめるとのこと。

中世のような世界観をベースにした王道なファンタジーに見えつつも、何処か同社らしい一筋縄ではいかない印象を受ける本作。完成品の手触りがどのようになるのか、ゲームファンとして筆者も非常に楽しみだ。なお、本作の制作は最後の工程に差し掛かっている段階とのことで新たな続報にも期待したい。

『メタファー:リファンタジオ』は2024年に発売予定。対応プラットフォームはSteam/PS5/PS4/XSX|Sとなっている。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャリア系メディアでライターとして勤務後、2017年よりフリーランス。学生向け新卒メディアの取材を経験したのち、現在は趣味のゲームを題材にブログを管理・運営しています。

目次