【フォートナイト】NA.Eastにて4名のプレイヤーが60日間のアカウント停止処分。FNCS-Week1のチーミング行為により【Fortnite】

Epicgamesは3/23日、FNCS-Week1,NA.Eastにて不正を行なったとして、計4名のプレイヤーを60日間のアカウント停止処分としました。プロ同士のチーミング行為として海外で注目が集まっています。

今回60日間のアカウント停止処分を受けたのはKreoとBucke、KeysとSlackesの計4名。コレらの4名のプロ選手は、いずれもFNCS-Week1,NA.Eastの最終結果にて1位と2位につけていたチームです。同マッチにて戦っていたプレイヤーが終了後にリプレイを確認したことで、両チームのチーミングが判明。

お互いのチームはスラーピースワンプに降り、適度に傷つけあい回復するという行為を繰り返すことで、マッチ中に与えたダメージが最も少ないプレイヤーに降り注ぐストームサージを回避していました。

※ストームサージマッチ中に最も与えたダメージが少ないプレイヤーに与えられる継続ダメージのこと。公式戦や大会予選などで用いられています。)

4名の行為はすぐにクリップ 化されtwitterをはじめSNS上で拡散。有名なプロプレイヤーもこのクリップ に飛びつき、瞬く間に注目を集めることになりました。また同時に4人のプレイヤーに対して何らかの処罰を求めました。

この要求に対してEpicgamesはすぐに反応。規約内の禁止行為:チーミングにあたるとしてKreoとBucke、KeysとSlackesの4名を60日間のアカウント停止処分としています。

さて、いきなり波乱の幕開けとなった今回のFNCS-Week1。大会優勝者は大きな名声を得られるだけに、出場するため手段を問わないプレイヤーが今後も出てくるかもしれません。プロプレイヤーとして正々堂々と戦っている人がしっかりと評価されるよう、Epicgamesによる厳格な大会運営が求められます。ではまた ノシ。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事