【フォートナイト】購入しても実質0円!お得なバトルパスを紹介【Fortnite】

フォートナイト基本プレイ無料

フォートナイトをプレイしている人なら誰でも知っていることですね!

ただし、フォートナイト全く課金要素がないというわけではありません

本当に全部無料だったらゲームの開発も運営もできませんしね(; ・`д・´)

フォートナイトの課金要素というとアイテムショップバトルパスの2つ!

今回は特にオススメな課金要素バトルパス』について解説していきます。

スポンサーリンク

フォートナイトのバトルパスとは

バトルパスとは他のゲームでいうシーズンパスのこと

まずはフォートナイトバトルパスについて紹介

バトルパスとはフォートナイトにおけるシーズンパスのこと。

その名の通り、各シーズンがスタートすると同時に販売されます。

もちろん、シーズンのスタート以降であればいつでも購入可能。購入には『Vbucks』というゲーム内通貨を使用して購入します

販売価格は初登場以来ずっと変わらず950Vbucksで、日本円に換算するとだいたい950円ぐらいです。

購入後はゲームの進行に応じて多彩なアイテムをゲットすることができます

バトルパス購入によって得られる特典

ティアによって得られる報酬がグレードアップ


ティアによって得られる報酬は『フリーティア(無課金)』と『バトルパスティア(課金)』の2種類あり、バトルパスを購入することで両方の報酬を受け取れるようになります。

報酬のアイテムは、スキンエモートグライダーコントレイルラップスプレーを含めなんと100種類以上

アイテムショップなら1つ2つのアイテム購入がやっとな950Vbucksという金額で、バトルパスならお釣りが返ってくるほど大量のアイテムをゲットできます!

バトルパスを購入するとフォートナイト内にチャレンジが追加

バトルパスを購入するとウィークチャレンジにバトルパスの項目が追加。今シーズンはフォートバイトチャレンジ新たに追加されています

毎週、専用のバトルパスチャレンジに取り組むことでティアを獲得。この『ティア』を集めることでバトルパスが進みアイテムをゲットすることができます。

また、『パーティーアシスト機能』を利用すればフレンドと一緒に挑戦することも可能。楽しみながら効率よくチャレンジを進めることができます。

アカウントにレベル用の経験値ボーナスが付与される


フォートナイトには『アカウントレベル』というものが存在します。『レベル』というと強さに関係するものを想像しがちですが、フォートナイトのレベルは強さには関係していません

代わりにフォートナイトでレベルを上げると、バトルパスを進める上で必要な『ティア』を獲得できます

バトルパスの報酬を全て獲得するには多くの『ティア』が不可欠。そのため、効率よく『アカウントレベル』を上げることが非常に重要です。

バトルパスの経験値ボーナスはそんなレベル上げに欠かせない特典の1つ。経験値ボーナスは最大120%(前シーズンのバトルパス完了で最大150%)と、非常に強力な特典になっています。

バトルパスを進めることで1500Vbucksゲット!つまり課金は実質0円

フォートナイトのバトルパスで得られる特典はこれだけではありません。

報酬の中にはバトルパス購入にも使用した『Vbucks』が含まれています。その額なんと合計で『1500Vbucks』。

購入金額が950Vbucksなので、1500Vbucks-950Vbucks=550Vbuckのお釣りが発生します。

バトルパスの購入は実質0円どころか、550Vbucksのおまけがついてくるお得な課金要素になっています。

バトルパス購入に関する注意点

フォートナイトは課金しても有利にならない

フォートナイトの課金要素は全て見た目の変更アイテムのみ。

ゲームプレイ向上』『キャラクターの性能アップ』などの要素はいっさいありません。

バトルパスをはじめとする課金要素は、自分のモチベーションアップ』や『楽しみ方の拡張のいっかん』として用意されています。

購入しても実質0円!お得なバトルパスを紹介:まとめ

バトルパスは破格の課金要素

以上、『課金しても実質0円!お得なバトルパスを紹介』でした!

様々なゲームに登場する『シーズンパス』と同じように、フォートナイトのバトルパスもとってもお得。バトルパスで獲得した1500Vbucksを使って『次のシーズンのバトルパスを購入』といった運用も可能です

フォートナイトのバトルパスは950Vbucksという金額ながら『破格の課金』とも言える要素。興味のある方は是非1度購入を検討してみてはいかがでしょうか。ではまた ノシ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事