『雑記』ボリューム凄い。ゲーム時間を全て費やすも、まだまだ終わりが見えないFFVII Rebirth。

こんにちは。寝ても覚めてものシッポです。

タイトルの通り、相変わらず『FFVII Rebirth』を遊んでいます。プレイ時間が50時間を超えましたが、まだまだ終わりは見えてきません。PS5の機能で進行度を確認すると57%と表示されているので、半分を過ぎたあたりでしょうか。今作は前作のRemakeにも増してすごいボリュームですね。スクエニの気合いを感じます。

JRPGや欧米のオープンワールドPRGを問わず、普段ゲームで遊ぶ時はサイド要素はほぼ無視して専らメインシナリオだけを追うような浅いプレイスタイルなのですが、マップの作り込みやサイドクエストの内容、そしてそれらを攻略していくと本編を進めやすくなるというゲーム設計から、今作では漏れなく楽しむプレイスタイルに。「スクエニが作るオープンワールドはクソ」という感想を少なからず持っていたものの、今後はこの考えを改める気になってきました(笑)

そんなこんなで久々に面白いスクエニゲーひいてはFFを堪能しているわけですが、来週にはカプコンの『Dragon’s Dogma 2』が控えているわけで、なんとかペースアップを図りつつ今週末か来週頭にはクリアを目指したいところ。年々長時間のゲームプレイが苦しくなっていますが、休憩を入れつつ何とか達成する予定。頑張ろう。

筆者個人としてはベタ褒めな『FFVII Rebirth』。しかし、残念なことに売上は芳しくないみたいですね。細かな理由までは予測しかねるものの、PS5専売、分作、スクエニの失った信頼などなど、パッと思いつくだけでも幾つかあるので今回の結果は妥当なのかも。悲しい。FFXIを作ったころのスクエニをまた見たい。そもそもPS5を開発しているソニーのゲーム事業がすこぶる不調でコンソール界隈が岐路に立っている感じでしょうか。

てなわけで、シッポの雑記でした。ではまた ノシ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャリア系メディアでライターとして勤務後、2017年よりフリーランス。学生向け新卒メディアの取材を経験したのち、現在は趣味のゲームを題材にブログを管理・運営しています。

目次