【Apex legends】『シーズン7-アセンション』パッチノート公開。新レジェンド-ホライゾン、追加マップ-オリンパス、拡張機能-クラブをはじめ、武器やレジェンドにも大幅な調整が実施【エーペックスレジェンズ】

Respawn Entertainmentは11/3、Apex Legends:シーズン7『アセンション』についてパッチノートを公開しました。本パッチノートでは新レジェンド『ホライゾン』の追加をはじめ、新マップ『オリンパス』、ビークル『トライデント』、新機能『クラブ』、『シーズン7バトルパス』など最新のアップデート内容について明らかになっています。

スポンサーリンク

【Apex legends】『シーズン7-アセンション』パッチノート公開。新レジェンド-ホライゾン、追加マップ-オリンパス、拡張機能-クラブをはじめ、武器やレジェンドにも大幅な調整が実施:詳細

新レジェンド:ホライズン

ホライゾンの紹介です。彼女は最新のレジェンドであり、優秀な科学者であり、重力操作の達人でもあります。彼女は新しいアリーナと深いつながりを持ち、あなたの感情に触れることでしょう。

ホライゾンのカスタム宇宙服は、高所からの落下や空中での動きのコントロールを可能にします。彼女のカスタム技術を使って、重力リフトを使ってチームに垂直方向の力を与えたり、NEWT(息子のニュートンにちなんで名付けられた小型ロボット)を使って、マイクロブラックホールを投下して相手を中央に引き寄せて群衆をコントロールしたりすることもできます。

Passive: SpacewalkPassive: Spacewalk

パッシブ: スペースウォーク

ホライゾンのカスタムスペーススーツで空気をコントロールし、落下時の衝撃を軽減します。

戦術: グラビティリフト

重力の流れを逆転させプレイヤーを上に持ち上げ、脱出時にブーストします。

アルティメット: ブラックホール

ニュートを展開して近くのレジェンドを吸い込むマイクロブラックホールを生成。最後に重力の爆発で攻撃します。

新マップ: オリンパス

レジェンドたちは新たな戦場『天空都市オリンパス』へと足を踏み入れた。

プサマテ上空の雲に浮かぶユートピアで、かつてはアウトランズの頭脳が集い意見を交換する場所だった。しかし、実験研究施設での事故によりフェイズリフト(フェイズエネルギーの巨大な泡)が発生し、都市は放棄されてしまいました。

現在、プレイヤーはオリンポスの豪華な施設を利用できるようになっています。回転する農業用タワー、美しい庭園、高級レストランは、激しい小競り合いの新たなステージとなっています。トライデントと呼ばれる新しい乗り物は、あなたのチームを戦闘に駆り立て、敵を不意打ちする方法を提供します。オリンポスの中心を走るフェイズエネルギーのトンネル「フェイズランナー」では、数秒でマップを横断することができます。そして、神秘的なリフトはマップ全体にそびえたっています。

期間限定モード: オリンパスプレビュー

撃たれることを恐れずにマップを探索できるように、「オリンパス プレビュー」と呼ばれる新しいプレイリストを導入しています。このモードでは、オリンパスの30人のレジェンドとチームを組み、マップを歩き回ってマップのドロップや略奪エリアを学び、エンドゲームまでのルートを練習することができます。サークルは継続されており、サークル4が終了すると、プレイヤーは2回目のスカイダイビングを開始するために飛行機に戻されます。試合終了までに合計3回のランがあります。このモードは1週間のみ利用可能です。

新たなビークル: トライデント

オリンパスに配備されているトライデントは、あなたの部隊のために設計されたホバーカーです。

高速道路をクルーズしてチョークポイントを回避したり、ブーストを使ってジャンプを飛び越えたりと、ゲーム序盤のローテーションを加速させるために作られています。三人称で運転したり、一人称で助手席に乗ってフル射撃も可能。トライデントは耐久性に優れているので爆発することはありませんが、敵の砲火によるダメージは車内のプレイヤーに分散されてしまいます。また、プレイヤーに直撃することでフルダメージを与えることができるので、驚異的なショットも期待できます。どこにでも駐車し、ゲーム後半にはその場しのぎのカバーとして使用してください。

トライデントはレジェンドのアビリティと様々な方法で相互作用します!

クラブ

今シーズンからクラブを紹介しています。気の合うレジェンドたちと一緒にクラブに参加して、チャンピオン部隊を作りやすくしましょう。気に入ったクラブが見つからない場合は、自分でクラブを作って友達にしらせることもできます。クラブについての詳細はこちらをご覧ください。

Steam


Steamを起動して、Apex Legendsをダウンロード・プレイしましょう! Origin でプレイしている場合は、すべての進捗状況とアンロックが引き継がれます。期間限定でSteamにログインすることで、ハーフライフとポータルにインスパイアされた武器チャームを受け取ることができます。

バトルパス


シーズン7のバトルパスはハイファッションの全てが詰まっています。パスをレベルアップして、レイスの「ハイクラス」やオクタンの「ファストファッション」などのスキンをアンロックしましょう。

チャレンジはポイント制ではなくなり、難易度に応じて星1~5個が付与されるようになりました。星を10個集めると、次のバトルパスのレベルに進むことができます。また、ロビーのチャレンジメニューにタブを追加し、デイリーチャレンジ、トップウィークリーチャレンジ、イベントチャレンジを切り替えることができるようになりました。マッチ内では、プレイヤーはマップを開き、ゲーム内でこの同じウィジェットを見ることができます。

チャレンジの変更点の詳細については、こちらの開発者ブログをチェックしてください。

ゲームプレイの調整

アタッチメント

・アタッチメントを拾って交換する場合、古いアタッチメントが2つ目の武器と互換性があれば自動的に引き継がれます。

レプリケーター

・シーズン7では、クラフトプールから武器を削除し、シールドバッテリーに変更しました。高レベルのアタッチメントは、これまで通り武器のカテゴリーに合わせて調整されます。

・クラフト後5秒間、自分がクラフトしたアイテムを他のプレイヤーが拾えないようにしました。 これはアイテムにpingを打つことで無効にすることができます。

エアドロップ

・ビームの色が変更され、通常のエアドロップ、ライフラインのエアドロップ、レプリケーターのエアドロップを区別できるようになりました。

ミシック

・アークスターを近くに投げられた時に「グレネード」のアイコンが表示されるのではなく「アークスター」のアイコンが表示されるようになりました。

・フェニックスキットを使用している際のボイスオーバーラインを新しく追加しました。

・ホロスプレーをドロップした際のボイスオーバーラインを新しく追加しました。

インベントリ内の弾薬にpingを指したとき、部隊に弾薬リクエストができるようになりました。

・プレイヤーが戦闘できない場所を減らすようにリング(サークル)に変更を加えました。

マップローテーション

通常マップ

2週間はオリンパスが唯一遊べるマップになります。その週の後は『オリンパス』と『ワールズエッジ』の間で通常のローテーションを行います。

ランクマップ

シーズン7の前半戦は「オリンパス」、後半戦スプリットは「ワールズエッジ」に設定してあります。

レジェンド

バンガロール

・ローリングサンダー 爆発にかかる時間を8秒から6秒に短縮。

コースティック

・ノックスガストラップ/ノックスガスグレネードについて、ガスの中にいる時にぼやけた視界効果を受けなくなりました。スリップダメージを4~10ticksから6~12ticksに更新しました。

ミラージュ

・デコイの体力が45HPに変更されました。

オクタン

・パッシブアビリティによる回復速度が(0.5 hp/sから1.0 hp/sへ)上昇しました。

ワットソン

・フェンスに触れた時のダメージが10から15に上昇しました。

ローバ

・アルティメットアビリティ「ブラックマーケット」で弾薬を拾う際に1回分のスロット使用にカウントされなくなりました。射程内の弾薬をすべて奪うことが出来ます。

ランパート

・シーラが完全にスピンアップする時間が1.25秒から2秒に上昇しました。

・増幅バリケードの展開時間が4秒から3秒に短縮されました。

パスファインダー

・パスファインダーのヒットボックスが大幅に更新。

・グラップルのリキャストが35秒から30秒に短縮され、新たなクールダウンが設定されるまで最大5秒になりました。

・最大クールダウンに到達するまでの移動距離が約2倍に上昇しました。

武器

サプライドロップ

「R-99」が通常の戦利品プールに戻ります。

  • ダメージ: 12 -> 11
  • 弾薬 20/22/24/27

代わりに「プラウラー」がサプライドロップに入ります。

  • マガジンサイズ: 35;予備弾薬: 175

フルキット武器

削除:ディヴォーション、マスティフ、トリプルテイク、フラットライン、ボルトSMG

新規:ウィングマン、センチネル、ハボック、G7スカウト、オルタネーター

ヘムロック

最初の3ショットの右側の水平反動をわずかに増加しました(バーストモードの場合)

・パターン後のリコイルが増加。

単発モードでの反動乗数を減少。

ヘッドショット乗数が2.0から1.75に減少(ヘルメットなしの敵に対して44ダメージから39ダメージに)。

ハボック

・リコイルパターンを更新。

L-スター

・リコイルパターンを更新。

・トリガーを離した後のベント時間が0.4秒から0.15秒に短縮されました。

・オーバーヒートしていないときに熱を素早く冷却するようになりました。

・オーバーヒート状態ではない場合は99.9%から0%のチャージまで1.15秒、過熱されている場合は2.45秒に変更。

センチネル

・センチネルをチャージした場合、シールドダメージボーナスではなく純粋にダメージが増加する仕様に変更しました。

・チャージ状態のセンチネルの基本ダメージ数が70から88に増加。

トリプルテイク

・発射レートが1.3から1.2に減少しました。

ホップアップ

この新しいホップアップはRE-45とウィングマンに装着可能です。

装備すると銃の昇降が速くなり、ADS(エイム状態)になるまでの時間が短くなり、腰撃ち射撃時の弾の広がりが減少します。(特に動いていない場合)

ゲームメタの変更

進化アーマー

アーマーの成長に必要なダメージが増加。

  • Level 0 -> 1 : 100 ダメージ (from 50)
  • Level 1 -> 2 : 150 ダメージ (from 125)
  • Level 2 -> 3 : 300 ダメージ (from 250)
  • Level 3 -> 4 : 750 ダメージ (from 500)

リングダメージ

リングダメージが減少しました。

  • Ring 1: 2% per tick (same)
  • Ring 2: 3% per tick (from 5%)
    • Particularly this change should allow players enough time to pop a syringe if they are picked up in Ring 2.
  • Ring 3: 5% per tick (from 10%)
  • Ring 4: 10% per tick (from 20%)
  • Ring 5: 10% per tick (from 20%)
  • Ring 6: 15% per tick (from 25%)
  • Ring 7: 15% per tick (from 25%)
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事