【EFT】パッチノート0.12.12を公開。新マップ-ライトハウス/武器.アイテムの追加/移動と銃器の挙動拡張/弾道メカニズムの改善/VOIP(ゲーム内VC)実装など、過去最大クラスのアップデートが実施【エスケープフロムタルコフ】

Battlestate Gamesは12/12、公式サイトにて『Escape from Tarkovパッチノート0.12.12』を公開しました。本アップデートでは、待望の新マップ「ライトハウス」が実装されるほか、新アイテムや武器の追加、VOIP(ゲーム内VC)の実装、移動における慣性の登場、銃器の誤作動やリコイルなど挙動の拡張、弾道メカニズムの改善といった大規模なアップデートが実施されています。

そのほかにも、グラフィック面のアップデートをはじめ、タスクの管理画面の改善といった細かい変更も多数行われており、コンテンツとゲーム体験共に充実した内容となっています。

※以下、公式サイトより引用


パッチ0.12.12をお届けします。

主な変更点は以下の通りです。

1. 新マップ-灯台を追加しました。

ダルニー岬の灯台は、タルコフに向かう途中の重要な戦略的オブジェクトでした。契約戦争中は、USECユニットの主要なエントリーポイントであり、彼らの活動拠点として機能していました。紛争後、スカブはこの場所を気に入っていましたが、タルコフに留まっていた旧所有者が秩序を確立することを決めて戻ってきました。

これがこの場所の最初の実装です。将来的には領土が広がり新しいボスが登場する予定です。

2. 「ライトハウス」には、新しいタイプのAIである元USEC工作員(ローグ)が登場します。

彼らは、以前一緒に活動していた元PMCのギャングです。彼らは十分に武装し、訓練を受けており、協調した戦闘戦術を用います。レイダーズと似たような利害関係を持っていますが、軍事的な過去を共有することで団結しているます。

不正なUSECが浄水場を占拠し陣取っています。周辺には機関銃やグレネードランチャーが設置されており、複数の戦闘機が24時間体制で巡回しています。射程内に敵が発見されたり、敵の存在が疑われると、警備員は制圧射撃を行い、敵が自分の領域に近づくのを防ごうとします。

これらの新ボットは、USEC PMC派閥に対して寛大です。プレイヤーが自分の領域に入ろうとしない限り、USECのプレイヤーに発砲することはありません。プレイヤーが近づきすぎた場合は、すぐに立ち去るよう命令を受け、従わない場合は撃たれます。また、USECプレイヤーがBEAR PMCとグループを組んでいた場合、両者ともに敵対的とみなされ、警告なしにその場で攻撃されます。

USECプレイヤーがローグと戦闘を行った場合、そのプレイヤーは裏切り者とみなされ、次の数回のレイドでは敵対者として扱われます。

3. リアルな動きやアクションを実現するために「慣性」が追加されました。

慣性は以下のような場面で現れます。

  • 歩き、ストレイフ
  • スプリント
  • スプリント時の急旋回
  • ジャンプや高所からの落下後の着地
  • 体を傾けたり、横になったりした場合

慣性力は、機材の重さとストレングス・スキルレベルに依存します。機器の重量が重いほど、また筋力レベルが低いほど、慣性力は大きくなります。

  • 動き出しから加速までの時間が向上。(ウォーク、ストレイフ、スプリント)
  • 動きを止めた後に減速するのにかかる時間が長くなります。 (ウォーク、ストレイフ、スプリント)
  • 移動方向を反対に変えるときに、減速と加速にかかる時間が長くなります。
  • 全力疾走中の急旋回は、より多く移動速度が低下します。
  • 高所からジャンプまたは落下した後に着陸すると、より強く長い移動速度が低下します。
  • 傾いたり、傾いた状態から元の位置に戻ったり、サイドステップするのが遅くなります。

慣性力は、体力レベル0のキャラクターでは装備重量0kgから、体力レベルエリートのキャラクターでは10kgから増加します。慣性力は、筋力レベル0のキャラクターでは装備重量70kg、筋力レベルがエリートのキャラクターでは装備重量80kgで最大になります。

4. しゃがんだり、起き上がったりする動作を拡張しました。

これらのアクションの持続時間は、重量オーバーの度合いに依存するようになりました。立ち上がる際にはスタミナを消費しますが、消費するスタミナの量は重量オーバーの程度とスタンスバーの変化数(キャラクターがどのくらいの高さで立ち上がったか)によって異なります。

5. 武器の誤作動のメカニズムを拡張しました。

誤射だけでなく、以下のような誤作動が発生するようになりました。

  • Failure to eject - 発射後、カートリッジがボルトによって詰まり排出口が部分的に見えます。この問題の原因は、まず第一に武器の技術的状態であり、まれに武器の過熱とカートリッジの特性によっても引き起こされます。
  • Failure to feed - (給弾不良)発射後に新しいカートリッジの給弾に問題が発生します(武器の機構に弾が詰まったり、カートリッジケースが詰まったりします)。この問題の主な原因は、武器のマガジン、特に大容量のマガジンやドラムマガジンです。その他の原因としては、カートリッジの特性、武器のオーバーヒート、武器の技術的な状態などが挙げられます。
  • Jammed bolt - 発射後、ボルトがジャミングする。ジャミングにはノーマルとハードの2種類があります。違いは、トラブルシューティングの期間だけです。ボルトの詰まりの原因は、武器のオーバーヒートか技術的な状態にあります。ハードジャミングは、武器の技術的な状態が低い値(5%以下)の場合にのみ発生します。

新品の武器(耐久度が93%以上のもの)では、オーバーヒートによる故障を除いて誤動作は発生しません。

武器の種類によっては、そのデザインや動作の仕組みから特定の誤動作が発生しないものもあります。

さて、故障を直すためには、まずその種類を特定する必要があります。そのためには、武器検査のホットキーで故障した武器を検査する必要があります。

トラブルシューティング・スキルのエリート・レベルを持つキャラクターは、故障が発生すると、武器を検査しなくても故障の種類を自動的に検出します。

また、誤動作に関するイベントやアクション(誤動作の発生、誤動作の種類の特定、誤動作の修正)の後に、色付きの通知が発生したり、音が鳴ったりするようになりました。これらの通知や音は、ゲーム設定で「誤動作の通知」のチェックを外すことで無効にできます。

6. 武器のオーバーヒートとそれに関連する効果が追加されました。 

武器は、一発撃つごとに加熱されます。各ショットの加熱率は、カートリッジ、バレル、および武器のその他の加熱関連要素(レシーバー、マズルデバイス、ハンドガードなど)によって異なります。

加熱とは対照的に武器は常に冷却されています。冷却速度は銃身や武器のその他の冷却関連要素(レシーバー、マズルデバイス、ハンドガードなど)にも依存します。

オーバーヒートの度合いは、バレルとマズルデバイスの視覚的な状態で監視することができます。オーバーヒートには4つの段階があり昇順になっています。オーバーヒートの各段階には新たな悪影響が加わります。

  • 軽度のオーバーヒート - 武器は加熱されるが、バレルとマズルデバイスの赤みはない。効果:銃身、銃口、ハンドガードの加熱がサーマルスコープで確認でき、銃身と銃口の装置による蜃気楼(ヒートヘイズ)の可能性がある。
  • 中程度のオーバーヒート - 武器が加熱され、銃身と銃口デバイスの赤みが見える。効果:武器の精度が低下し、誤動作の可能性が高くなり、摩耗が増加し、発射時の武器の最大耐久性が低下する。
  • 重度のオーバーヒート - 武器が非常に高温になり、銃身と銃口のデバイスが焼けるように熱くなる。効果:武器の発射速度が変化し、クッキングオフの可能性がある。
  • 最大のオーバーヒート - このレベルに達すると、ボルトが詰まるなどの誤動作が発生します。

7. 外部弾道のメカニズムを改善しました。

飛行軌道とエネルギーを計算する際に、初速、弾の重量、弾の直径、形状、弾道係数が考慮されるようになりました。以前は初速と弾の重量のみが考慮されていました。

これにより、現実のデータと最大限に対応することが可能となりました。また、距離による弾丸のエネルギーに応じて、あらゆる種類のダメージが失われたり、弾速の変化によるダメージや貫通力の増加が修正されました。例えば、150mの距離での5.45x39の場合、ダメージの低下は約20%でしたが、銃身を長いものに変更して速度を上げると、ダメージや貫通力も増加します。ただし、弾薬によってはオープンソースにデータがなかったり、不完全だったりすることも理解しておく必要があります。そのような弾薬は、必要なデータが見つかれば調整されます。

8. 発射時のリコイルメカニックを調整しました。

  • ロングバースト時の自動リコイル補正を減らしました。
  • スキルによるリコイル軽減のボーナスを減らしました。
  • 武器のリコイルシステムを全般的に改良しました。

9. VOIP - 音声通信機能を追加しました。

有効にするには、サウンド設定で「VOIPを有効にする」にチェックを入れる必要があります。

この機能は、調整と交渉能力のために設計されています。

VOIPの不適切な使用は、あなたと他のプレイヤーの体験を台無しにする可能性があることを覚えておいてください。

侮辱的な発言、音楽の再生、回線の詰まりなど、VOIPを使用する際に不適切な行為を行うと、その機能が使用できなくなったり、ゲームアカウントの使用が禁止されたりします。

  • VOIPはraid内でのみPush-to-talkにて動作します。
  • プレイヤーは連続して15秒以上話すことができません。連続しているかどうかに関わらず、レイドでは20秒ごとに15秒間しか話せないということです。
  • Push-to-talkボタンを頻繁に押すと、短時間のオートブロックがかかります。
  • 不適切なVOIPの使用についてレポートを送ることができます。そのためには、ジェスチャーメニューにて相手が話しているとき、または2秒前に話していたときにレポートボタンを押してください。自分のグループのメンバーを通報することはできません。
  • 声の聞き取りやすさはスピーカーからの距離だけでなく、部屋の仕切り・床・壁・アクティブなヘッドフォン・下げたバイザーなど、あらゆる音の調整要素に左右されます。
  • スカブは話しているプレイヤーに注意を払うことができます。
  • VOIPは、ジェスチャーメニューやホットキーから素早く無効にすることができます。
  • Push-to-talkホットキーは、コントロール設定で再設定することができます。

10. 運用タスクの拡充

  • すべての運用タスクに説明の種類を追加しました。
  • ステータス画面に完了したタスクの統計情報を追加しました。
  • 「脱出」タイプのタスクに「exit through the specific extract」の条件を追加しました。

11. 食べ物や飲み物を部分的に使用する機能が追加されました。

  • 消費した量に応じて効果の持続時間だけが変化します。バフ開始前の強さと遅延にちては変わりません。
  • 全てのバフは元の値までしかスタックしない。
  • ネガティブバフについても元の値までしか積み重ねられません。
  • ネガティブバフにはスキルが考慮される(特に「メタボリズム」スキルはネガティブ効果の持続時間を最大50%カットする)。
  • ネガティブバフはメタボリズムのスキルレベル最大時の免疫を考慮しています。

12. 新しいアイテムを追加しました。

  • 新しい武器
  • 新しい武器のパーツ
  • 新規ハンドグレネード4種(インパクトグレネード含む)
  • 新規装備
  • 新しい物々交換アイテム
  • 新しい鍵
  • 新規収納ケース(インジェクターケース、キーカードホルダー)
  • レンジファインダー(ハンドヘルドレンジファインダー、タクティカルレンジファインダーモジュール)
  • 5つの新型カートリッジ
  • USECとBEARの新ウェアセット
  • 新しいユニークなアームバンド
  • ゲーム開始時の両派閥の新フェイスタイプ

13. 灯台の場所に新しいクエストを追加

 

グラフィックスの変更と最適化

1. Screen Space Reflectionは、濡れた表面や光沢のある表面、水面からの反射効果です。この技術は完全に再設計されており、よりリアルな反射を実現するとともにシステムへの負荷を大幅に軽減しています。

2. 長距離での植生レンダリングの最適化を行いました。これにより、木などの植生が多い場所でのCPU負荷を大幅に軽減することができました。

3. フィジカルコリジョンオブジェクトの最適化を追加しました。

4. 各種サーバーの最適化を追加しました。

5. HighおよびUltraグラフィックス・プリセットでSSRがデフォルトで有効になりました。

6. 雨天時の脱色効果を軽減し、より鮮やかな映像になりました。

 

スポンサーリンク
コメントを残す

関連キーワード
関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう