【VALORANT】エージェント:VIPER(ヴァイパー)のアビリティ詳細・解説【ヴァロラント】

2020年夏のリリースに向けて、現在一部地域にてクローズドβテストを実施している『VALORANT』。操作キャラクターは「エージェント」と呼ばれ、それぞれのエージェントに「デュエリスト」、「センチネル」、「イニシエーター」、「コントローラー」の中から1つ役割が割り当てられています。

※各役割については以下の通り

  • デュエリスト:キルが稼ぎやすいアビリティを中心にキャラが構成されており、いち早く戦闘に参加して敵を殲滅するエージェント。
  • センチネル:防御型のエージェント。アビリティがテリトリーの補強や敵の攻撃の鈍化など、チームを守るのが主な役割。
  • イニシエーター:索敵による敵の位置把握や、フラッシュやスタンによる妨害といったアビリティを中心にチームのチャンスを作るエージェント。
  • コントローラー:視覚や進路の妨害のアビリティをメインに、相手の進行をコントロールすることで戦況を有利に運ぶのが主な役割。

さて、今回のエントリーでは「コントローラー」の1人、エージェントVIPER(ヴァイパー)をピックアップ。スキルの詳細について文章と動画で解説していきます。

スポンサーリンク

【VALORANT】エージェント:VIPER(ヴァイパー)のアビリティ詳細・解説

VIPER(ヴァイパー)のアビリティ紹介動画

エージェント全体の仕様


スキルに関する仕様は以下の通り。『VALORANT(ヴァロラント)』ではマッチを通して獲得できる資金を使い、アビリティをはじめ武器やアーマーを購入する仕様となっています。

  • アビリティ1: ラウンド開始時、武器やアーマーと同様に購入できる
  • アビリティ2: ラウンド開始時、武器やアーマーと同様に購入できる
  • シグネチャー・アビリティ: 購入対象ではなく常時保有している。一定時間で再使用可
  • アルティメットアビリティ: キルやラウンドを通じてチャージできる。また、マップ内のオーブを取得することで一気にチャージを進めることも可能

アビリティ一覧


毒物の化学装置を持つ「コントローラー」。敵エージェントに少しずつダメージを与え、体力面で味方を優位に導き戦場を支配します。

  • 【C】アビリティ1: スネークバイト Cost:100(最大2スタック)
    • 毒のキャニスターを射出し、範囲内の地面をダメージ床にする
    • 味方が踏むと敵に与える約3分の1のダメージが入る
  • 【Q】アビリティ2:ポイズンクラウド Cost:200
    • 毒ガスのフィールドを発生させるガスグレネードを投擲
    • グレネードは任意でオン・オフが可能、持続時間はゲージで表示される。再利用にはリチャージが必要
    • 与えるダメージは残り体力が1になるまでとなっており、このアビリティでキルは不可
  • 【E】シグネチャー・アビリティ:トキシックスクリーン Cost:Free
    • 射出式のアイテムを設置して毒の壁を一定時間発生させる
  • 【X】アルティメットアビリティ: ヴァイパーズピット Cost:7ポイント
    • 広範囲をガスで包み込み、範囲内に入った敵は最大ヘルスの減少と視界の悪化。また、敵に自動的にスポットされ続ける
    • 効果時間は自分が範囲内にいる限り永続である一方で、外に出ると一定時間で消滅する
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事