【VALORANT】SOVA(ソーヴァ)のアビリティ詳細/解説。豊富な索敵スキルで勝利へ導くS-TIERエージェント【ヴァロラント】

RiotGamesが開発・運営を手掛ける対戦型シューターVALORANT(ヴァロラント)。本作は精密なエイムによる射撃と、デュエリスト/コントローラー/イニシエイター/センチネルから構成された、各エージェントが放つスキルによる駆け引きが魅力のタイトルです。

さて、今回のエントリーではイニシエーターの1人『SOVA(ソーヴァ)』をピックアップ。RiotGames公式が公開した動画をもとにスキル名、コスト、効果など、具体的な性能について解説していきます。

スポンサーリンク

【VALORANT】SOVA(ソーヴァ)のアビリティ詳細/解説。豊富な索敵スキルで勝利へ導くS-TIERエージェント

エージェント全体の仕様

種類と役割

操作キャラクターは「エージェント」と呼ばれ、それぞれのエージェントに「デュエリスト」、「センチネル」、「イニシエーター」、「コントローラー」の中から1つ役割が割り当てられています。

※各役割については以下の通り

  • デュエリスト:キルが稼ぎやすいアビリティを中心にキャラが構成されており、いち早く戦闘に参加して敵を殲滅するエージェント。
  • センチネル:防御型のエージェント。アビリティがテリトリーの補強や敵の攻撃の鈍化など、チームを守るのが主な役割。
  • イニシエーター:索敵による敵の位置把握や、フラッシュやスタンによる妨害といったアビリティを中心にチームのチャンスを作るエージェント。
  • コントローラー:視覚や進路の妨害のアビリティをメインに、相手の進行をコントロールすることで戦況を有利に運ぶのが主な役割。

    全体を通じたスキルの仕様

    スキルに関する仕様は以下の通り。『VALORANT(ヴァロラント)』ではマッチを通して獲得できる資金を使い、アビリティをはじめ武器やアーマーを購入する仕様となっています。

    ※各スキルの分類と仕様

    • アビリティ1: ラウンド開始時、武器やアーマーと同様に購入できる
    • アビリティ2: ラウンド開始時、武器やアーマーと同様に購入できる
    • シグネチャー・アビリティ: 購入対象ではなく常時保有している。一定時間で再使用可
    • アルティメットアビリティ: キルやラウンドを通じてチャージできる。また、マップ内のオーブを取得することで一気にチャージを進めることも可能

      SOVA(ソーヴァ)の概要

      『SOVA(ソーヴァ)』は索敵スキルを使って敵チームの情報を取る「イニシエーター」のエージェント。リコンボルトによるウォールハックや、オウルドローンを使った各ポジションの偵察、さらにはショックボルトでクリアリングが必要なスポットを潰したりと、多彩なスキルで味方を勝利へ導くことが可能です。

      また、アルティメットのハンターズフューリーを使えば遠距離から敵をキルできるほか、相手チームのスパイク解除に対して離れた場所から妨害するなど、非常にスマートな立ち回りも得意なエージェントとなっています。

      SOVA(ソーヴァ)のスキル紹介

      【C】アビリティ1:オウルドローン『コスト:300/スタック:1』

      オウルドローンを飛ばして一定時間索敵することができます。ドローンは時間経過によってバッテリーがなくなると効果時間が終了するほか、効果時間内であってもキーを再度押すことで終了できます。

      また、オウルドローンは操作中に左クリックを押すことでダーツを発射することも可能。ヒットした相手は一定時間スポットされ現在位置が表示されます。

      【Q】アビリティ2:ショックボルト『コスト:100/スタック:2/ダメージ:90(フルヒット)』

      爆発する電撃の矢を放ち直撃および範囲に入った敵にダメージが入ります。ダメージはフルヒットで90ダメージ。以降は中心から離れるほど威力が減少していきます。

      また、ショックボルトは発射する前に右クリックを押すことでバウンス機能を付けることも可能です。バウンス機能は最大で2回まで。

      【E】シグネチャー:リコンボルト『コスト:なし/スタック:1/クールダウン:35秒』

      矢を放ってフィールドを発生させ範囲内にいる敵をスポットします。一つ前で紹介したショックボルトと異なり、リコンボルトは索敵に特化したアビリティです。また、ショックボルト同様にリコンボルトについてもバウンス機能を設定することが可能です。最大バウンス回数も同じで2回まで。

      注意点としてリコンボルトは敵の攻撃によって破壊可能です。突き刺さった直後に破壊されると索敵できないので、なるべく相手が壊しづらい場所に放つのがオススメです。

      【X】アルティメット:ハンターズフューリー『コスト:7ポイント』

      壁を貫通する大ダメージの電撃の矢を最大3回放ちます。相手にダメージ与えるのはもちろん、ハンターズフューリーに触れた敵は赤くスポットされる効果もあり、一発目を当てることが出来れば以降は簡単に追撃可能です。

      そのほか遠距離からの攻撃手段としてだけでなく、スパイク解除を始めた相手を壁越しに狙い撃つなど、妨害手段としても使える非常に優秀なスキルとなっています。

      スポンサーリンク

      この記事が気に入ったら
      フォローしよう

      最新情報をお届けします

      Twitterでフォローしよう

      おすすめの記事