【Apex legends】アーマー耐久値が最大値125にカムバック。そのほかバグ修正を含む最新アップデートがリリース【エーペックスレジェンズ】

Respawn Entertainmentは9/4、Apex Legendsnの最新アップデートを配信しました。本アップデートでは主に進化アーマーの耐久値が変更。シーズン5の時と同様に最大値が125となるよう調整が入っているほか、シーズン6から発生していた各種バグに関する修正も行われています。

スポンサーリンク

【Apex legends】アーマー耐久値が最大125にカムバック。そのほかバグ修正を含む最新アップデートがリリース:詳細

全般

  • アーマーの耐久値をシーズン5の仕様に変更。
  • いくつかのサーバークラッシュを修正。
  • いくつかのホロスプレーの見た目を調整。
  • コースティックから不適切なセリフを削除。

オーディオ

  • ディヴォーションとボルトの射撃時にオーディオが再生されなかった問題を修正。
  • コースティックのガスの中にクリプトのドローンがいると、ドローンのサウンドがサーバー全体に再生されていた問題を修正。
  • 船からレプリケーターにピンを指すと、『Let’s go here』が再生されていた問題を修正。

レプリケーター

  • 必要ダメージ量が丁度100の進化アーマーをクラフトしても進化しなかった問題を修正。
  • コントローラープリセットで「ニンジャ」を選択していると、レプリケーターを使用できなかった問題を修正。
  • レプリケーターを使用中にダウンした味方を蘇生できなかった問題を修正。

レジェンド

ジブラルタル

  • シーラの上にドームシールドを展開すると、プレイヤーがドームシールド内から外へ射撃できた問題を修正。

ランパート

  • フィニッシャー「No Mercy」を実行するとサーバー全体に”Boom”が届く問題を修正。
  • 増幅バリケードを素手で壊す際に、スーパーレジェンドのheirloomsを装備してると通常よりも近接攻撃の回数が多くなる問題を修正。
  • 使用中のシーラを破壊するとサーバーがクラッシュしていた問題を修正。

クリプト

  • シーラを使用中のプレイヤーを探知できなかった問題を修正。

レイス

  • レイスがデスするとポータルが消滅していた問題を修正。
  • ワールズエッジの間欠泉でレイスのポータルを使うとクラッシュする問題を修正。
  • ポータルがレプリケーター側にあると、間違ってレプリケーターを使用してしまう問題を修正。

ローバ

  • 特定のエリアでローバのテレポートが失敗してしまう問題を修正。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事