【Apex legends】ホロデーバッシュ2020が12月1日よりスタート。新規・復刻スキン、限定報酬トラック、ウィンターエクスプレスがリリース!【エーペックスレジェンズ】

Respawn Entertainmentは11/25、Apex legends(エーペックスレジェンズ)の期間限定イベント『ホロデーバッシュ2020』を12/1より開始すると発表しました。本イベントでは、新規・復刻スキンをはじめ、限定の報酬トラック、LTMウィンターエクスプレスが実装。イベントは来年の1/4まで続くことも明らかになっています。

※以下、公式サイトより引用

Apex legends(エーペックスレジェンズ)の皆さん、Happy Holo-Day!今年の残りの期間に予定していることを皆さんにお伝えしたいと思います。

1ヶ月間の販売
冬の新作コスメティックアイテム
12月1日から1月4日までの間、ファンに愛されるモードのリターン
まったく新しい特典トラック

一か月間の限定販売

本日のブラックフライデーを皮切りに、11月24日から1月4日までの毎週、ローバ、レヴナント、スピットファイアの新作レジェンドスキンを含むセールが開催されています。以下にその一部をご紹介します。

 

 

期間限定モード。ウィンターエクスプレス

皆さんこんにちは、Apex Legends のシステムデザイナー、Mark Yampolskyです。

ウィンターエクスプレスのためだけにWorld's Edgeに列車が戻ってきましたが、今回はEpicenter周辺の谷間に降りてくる車両だけではありません。キングスキャニオンからの補給船も凍った爆音の中を飛び回っています。

これまでプレイしたことがない方のために説明すると、「ウィンターエクスプレス」は、3つの分隊がワールドエッジを周回する列車の操縦を競うラウンドベースのモードです。今年は、ラウンド終了後に自分のチームがリスポーンすると、列車に沿って自分の補給船に乗り込むことができます。ここからあなたの分隊は戦場を見渡すことができ、列車が次の駅に到着して目的地のロックが解除されると、スカイダイビングで戦闘に参加することができます。前のラウンドで勝利した分隊は、列車の上に直接リスポーンします。

また、列車が停車する駅も追加されました。脱線とは、反対方向に走行していた貨物列車が高速でトリッキーなカーブを曲がったために発生した大事故のことです。この新しい駅では、様々な側面からのチャンスがあり、列車が停車する橋の下で独自の回転が行われます。これにより、目的地のどちら側を攻撃するかを素早く変更できるようになりました。

これらの変更により、昨年プレイヤーが経験したラウンド間の長いリスポーン時間の一部が大幅に短縮されるはずです。補給船でのリスポーンをより早く行うことができるようになりました。また、駅間のトラックの最も長いセクションは、Derailmentで半分に分割されるようになりました。これらの変更により、このモードはさらに素晴らしい体験ができるようになると思います。

ウィンターエクスプレスが最後に登場してから、いくつかの新しいレジェンドがゲームに参加しています。ローバ、レヴナント、ランパート、ホライゾンです。これらのレジェンドはモードに新たな刺激を与え、目的地を守ったり、強力な敵陣を突破したりするため、新しい戦略を見つけるのが待ち遠しいです。また、このモードのために新しい武器や紫の防具を含むロードアウトをリフレッシュしてバランスを調整し、レジェンドたちの能力を発揮するのに役立つ、よりエキサイティングな戦いを実現しました。

ホロデー報酬トラック

今年のHolo-Day Bashには、すべての新しいアンロックアイテムを含むリワードトラックが含まれています。このリワードトラックは、12月1日から1月4日のウィンターエクスプレスと同じ時期に利用可能になります。
獲得できるアイテムは以下からチェックしてみてください。

今のところはここまで。アリーナで会いましょう レジェンドの皆さん。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事