【ボーダーランズ3】ハロウィンイベント「血まみれ収穫祭」がスタート!新たなレジェンダリやスキンが追加【Borderlands3】

Gearbox Softwareは10月25日、『ボーダーランズ3』にてハロウィンイベント「血まみれ収穫祭」を開始しました。同イベントは12月6日まで期間限定で開催。イベントのリリースに合わせ、レジェンダリ武器やスキンが追加されています。

本イベントでは、デバフ「恐怖」により命中率を下げ、視界を部分的に曇らせる特性を持った『呪われた敵』が登場。そのほか『キャプテン・ホーンテッド』といった限定ボス戦も実装され、チャレンジ完了によってヴォルト・ハンター用スキンや武器アクセサリーなどの多数のアイテムをゲットできます。

※以下、リリース文を記載。

 

「地獄」を探索しよう

「血まみれ収穫祭」が始まると、繰り返しプレイできるとあるミッションをモーリスが提示してきます。このミッションをクリアしなくては、「血まみれ収穫祭」の不気味な舞台となる「地獄」にたどり着くことができません。モーリスは、呪われた敵の死体からドロップされるアイテム「ヘクトプラズム」を一定量集めるよう言ってきます。「血まみれ収穫祭」の期間中は、銀河のあちこちで呪われた敵と遭遇することになります。呪われた敵は、怪しい緑色の光で識別できます。ヘクトプラズムが必要量集まるとモーリスが「地獄」への門を開いてくれ、サンクチュアリ III に乗ってキャプテン・ホーントと手下のアンデッドたちが支配する恐ろしい世界へと向かうことができます。

「地獄」のあまりの不気味さに震える体をなんとか落ち着かせたら、復讐に燃え墓場から蘇ったマリワンのアンデッド兵士たちとの戦いを勝ち進んでいかなくてはなりません。あたりを飛び回って火を吹くラック・オ・ランタンや、たらふく血を飲んだおぞましいラッチなど、奇怪な獣たちとも出会うことでしょう。「地獄」の最深部には、「血まみれ収穫祭」の最終ボスであるキャプテン・ホーントが待っています。

新たな装備やカスタマイズ・アイテム

「地獄」で遭遇する敵は「血まみれ収穫祭」イベント中でしか入手できない装備をドロップすることも。新登場のレジェンダリー・ショットガン「フィアモンガー」もその一つ。心霊パワーで強烈な一撃をお見舞いします。また、もしかすると「血まみれ収穫祭」で新たに導入される戦闘要素「恐怖」を無効化する聖別者の装備も手に入るかもしれません。呪われた敵が仕掛けてくるデバフ「恐怖」は、命中率を下げ、視界を部分的に曇らせます。しかし、この聖別者の装備は、「恐怖」を逆手に取って有益なブーストに変える効果を持っているのです。

他にも、一連の季節限定コスチュームが登場します。これは「地獄」のドロップ品ではありませんが、「血まみれ収穫祭」イベント限定のアイテムです。イベント期間中は、4人のヴォルト・ハンター用スキン(モズの愛機アイアン・ベアとFL4Kのペットにも適用されます)や季節限定のエコー端末用スキン、干し首の武器アクセサリ、そしてすべての銃に適用できる怪しい武器スキンを獲得するチャンスも。これらはすべて、本記事のトップにあるトレーラーでチェックできます。

こうしたアイテムをアンロックするには、「血まみれ収穫祭」限定のチャレンジを達成する必要があります。チャレンジのクリア状況は自動的に記録され、一定の数のチャレンジをクリアすることで各カスタマイズ・アイテムがアンロックされます。

今月後半に始まる「血まみれ収穫祭」で皆さんが「地獄」を訪れ、キャプテン・ホーントと対戦する時を心待ちにしています。それまでに、待ち受ける恐怖の試練に立ち向かう覚悟を決めておきましょう。

※公式サイト

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事