【EFT】パッチノート0.12.11を公開。Factoryのリワーク、新ボスTagilla追加、劣化の改修、カルマ値の実装など大規模なアップデートが実施【エスケープフロムタルコフ】

Battlestate Gamesは7/2、twitterおよび公式サイトにて『Escape from Tarkovパッチノート0.12.11』を公開しました。Factoryのリワークをはじめ新ボスTagilla追加、弾詰まりや劣化システムに関する調整、フェンスの評判に関するカルマ値の実装など、先日リリースされたアップデート0.12.11に関する詳細が明かされています。

※以下、公式よりパッチノートを一部引用

皆さん、こんにちは。Escape from Tarkov 0.12.11のパッチノートをお届けします。

見つかったバグはランチャーから「バグを報告」ボタンを押して報告してください。

Added:

  • "Factory"拡張
  • 新しいスカブのボス、Tagilla。Killaの弟。自分の居場所として「Factory」を選び、過去のスポーツや戦闘経験を積極的に活用している。接近戦になると、お気に入りの武器であるスレッジハンマーに切り替えることがある。殴られても、意識障害や骨折程度で済むが、通常は死を免れない。ボスは必要に応じて、待ち伏せをしたり、制圧射撃をしたり、侵入したりすることができます。
  • 兵器の誤動作と技術的劣化
    • ゲーム内のほぼ全ての銃で誤射が発生するようになりました。
    • 誤射はさまざまな方法で解決できます。ホットキーの「解決」(デフォルトではShift+T)だけでなく、ボルト関連の操作でも解決できます。
    • 銃の技術的な状態と、発射による劣化を作り直しました。特定の弾薬や武器MODは劣化速度に影響を与えます。アイテム説明欄に「Durability burn」という新しいスタッツを追加し、それを表示するようにしました。
    • 弾薬によって誤射の可能性が増えたり減ったりするようになりました。
    • 武器の技術的な状態は、基本的な精度、着弾中心点のオフセット、一般的な誤射の確率に影響します。
    • また、NVIDIA Reflexのサポートを追加しました。また、インゲームの入力ラグが減少しました。
  • Fenceの評判。Scavのカルマを表すものであること。現在、プレイヤーは敵対しないScavを殺すことで評判を失い、ScavやScavのボスが敵を殺すのを助けることで評判を得ることができます。また、"友好的なスカブ "との脱出や車での脱出を利用することでもフェンスの評判を得ることができます。
  • Fenceの評価レベルが影響するもの:
    • Player Scavのクールダウン、scavboxのクラフト時間、Player Scavの脱出の待ち時間、車脱出の手数料、Player Scavのキット、Fenceにアイテムを売るときの価格。
    • Fenceの評価が高ければ高いほど、AI ScavはPlayer Scavの支援に同意し、Player Scavの命令(フォロー、ホールドポジション)に応じる頻度が高くなります。評判が非常に低いと、AI ScavはPlayer Scavを攻撃します。評判が非常に高い場合、AI-scavはPlayer Scavの敵を攻撃して助けてくれ、ボスに味方とみなされます。
    • Fenceの忠誠度が最大になると、プレイヤーは他のプレイヤーが失った保険のかかっていないアイテムを購入できるようになります。
  • Sorting table - 収納物を整理する際に大きな助けとなる、拡張可能な追加スペースです。
    • Sorting tableはストレージとしてではなく、一時的なバッファゾーンとしてのみ使用することができます。
    • レイドが終了したときにのみ利用でき、サイズの制限はありません。
    • Sorting tableはスタッシュの下にあるアイコンをクリックすると開くことができます。
    • Shift+マウスの左クリックのホットキーを押すと、アイテムを素早くSorting tableに置くことができます。このホットキーは、Sorting tableが開かれているときのみ機能します。
  • 全ての場所にあるオブジェクトの弾道パラメータを全面的に再構築(貫通チャンス、弾の偏差、フラグメント)。
  • 新しい装備品。ボディアーマーベスト、チェストリグ、バックパックなどが追加されました。
  • 新しい武器。
  • 新しいクエスト。
  • 新しい物々交換アイテム。
  • PMCの顔のカスタマイズオプションが追加されました。
  • 新たな武器MOD。
  • フリーマーケットで不審なプレイヤーを通報できるようになりました。
  • 特別なプレイヤーステータス「ストリーマー」。ゲームクライアントから様々なユーザー情報を隠すことができます。このステータスは、ゲーム設定のメインページで有効にすることができます。この設定は、個人的なリクエストによってのみ可能になります。リクエストの提出方法については、後ほど詳しく説明します。
  • レイド外のボイスコマンドの設定
  • "コンテキストメニューに「トップアップ」オプションが追加されました。このオプションでは、FIR(Found in raid)ステータスのアイテムとFIRでないアイテムが混ざらないようになっています。
  • メインメニューの背景を変更しました。
  • 新スキル「武器のメンテナンス」を追加しました。
  • 新スキル「トラブルシューティング」を追加しました。
  • 武器のプリセットメニューにTAAアンチエイリアスを追加しました。
  • 英語表記のローカライズの再構築
  • キャラクターの最大レベルを79に変更。

Changed:

  • 光学サイトの再構築。
  • 照準カメラは、武器から常に同じ距離になるようになりました。この距離は装着されているサイトや銃への取り付け方(レシーバー、ハンドガードなど)には依存しません。この変更はメカニカルサイトとコリメーターサイトに適用されます。ハイブリッドサイトに使用されているものも含みます。
  • フリーマーケットに出品する際、1つのロットで出品できる数に制限を設けました。ロットに入っているアイテムのパックの大きさが、スタッシュの大きさを超えないようになりました。
  • フリーマーケットはレベル20でアクセスできるようになりました。
  • Kappaのクエストがより難しくなりました。
  • いくつかのクエストの報酬が変更されました(一部は改善されています)。
  • ほとんどのアイテムのスポーンチャンスが変更され、バランスが調整されました。
  • 「メタ」プリセットに対抗するという観点から、武器MODのバランスを見直しました。
  • 最上級の弾薬とギアの入手方法のバランスを変更しました。
  • 移動速度に対する「Strength」スキルのボーナスを減らしました。
  • スキル「Mag drills」のレベリング速度を向上させました。
  • ゲームインターフェイスオブジェクトの発光を再調整しました。
  • 「Woods」のインゲームマップを更新しました。

バグの修正など全文はコチラから

スポンサーリンク
コメントを残す

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう