【Apex legends】シーズン6『ブーステッド』パッチノート【エーペックスレジェンズ】

Respawn Entertainmentは8/16、Apex Legends:シーズン6『ブーステッド』についてパッチノートを公開しました。本パッチノートでは新レジェンド『ランパート』をはじめ、R-99の金武器化など様々な変更点が明らかになっています。

スポンサーリンク

【Apex legends】シーズン6『ブーステッド』パッチノート:詳細

マップアップデート: WORLD’S EDGE UPDATE

ハモンド・ロボティクスがワールドズ・エッジを 乗っ取り続けています 彼らは何かを企んでいます...極悪非道なことを 彼らは、ドーム、ドリルサイト、その他の注目ポイントを変更し、ワールドズ・エッジを「アップグレード」するための措置をとっています。

デザインディレクターのジェイソン・マッコードによるマップの変更点については、以前に公開されたブログでご紹介しています。

新レジェンド: ランパート

Ramya Parekhは21歳のイギリス系インド人で、ブルーカラーの個人事業主。

Parekhは、改造された盾と、シーラのような重火器の知識を持っています(まあ、それは彼女が彼女のミニガンと呼んでいるものです)。

パッシブ-モッズドローダー

ランパートはLMGやミニガン使用時のマガジン容量を増やし、リロードを高速化しています。また、Modded Loaderはオーバーヒートが発生する前のショット数を増やし、L-STAR使用時の冷却性を向上させています。

タクティカル-アンプドカバー

Rampartはクラウチカバーウォールを構築し、フルカバーのアンプドウォールを展開し、入射ショットをブロックし、出て行くショットをアンプで増幅する。一度に最大5枚まで展開することができる。

アルティメット-ミニガン「シーラ」配備

ランパートは、大弾薬量とリロード時間の長い、誰でも使えるマウントマシンガンを配置しています。一度に最大3丁のミニガンを配備することができます。

パレックにとって、エーペックスカードは単なる競技への招待状以上の意味を持つ。

新武器 - VOLT SMG

フロンティアで初めて採用されたエネルギー式SMGで、エネルギー式の弾を発射することで抵抗を減らし、短時間で複数のターゲットに命中させることが可能になりました。

クラフトシステム

RnGの神々が必ずしもあなたに有利になるとは限らないことを知っています。シーズン6ではクラフトシステムを導入しています。マップの至る所にある戦利品入れや材料ステーションで材料を見つけ、それをリプリケーターに持って行きます。

リプリケータでは、十分な材料があれば、8種類の戦利品を手に入れることができます。この戦利品の中には、週ごとや日ごとに変わるものもありますが、ゲームモードセレクターやマップ画面では、現在クラフト可能なものをいつでも確認することができます。

システムデザイナーMark Yampolskyによるクラフトシステムの詳細はこちらから

アーマー関連

シーズン6では、ゲーム内のアーマーの仕組みに大きな変更が加えられています。

まず、ゲーム中のアーマーはすべてEvo Armor(ゴールドアーマーを除く)となります。

地面に白、青、紫のアーマーを見つけたら、それはレベルアップ済みのEvo Armorです。通常と同じように拾って進化させ続けることができます。レッドアーマーは地上の戦利品には含まれておらず、進化させないと入手できません。

ゴールドアーマーはEvo Armorの軌跡には含まれておらず、通常通りレアな場所でしか入手できません。

もう一つの興味深い変更点は、プレイヤーがレベル0のEvo Armorでスポーンすることです。あなたがすぐに銃撃戦に参加し、十分なダメージを与えると、自動的にホワイトアーマーにレベルアップします。そして、あなたはそれを継続してレッドまで取ることができます。

これはゲーム序盤の戦利品入手の助けになると思いますし、プレイヤーが望んでいないときにホットドロップをする必要もありません。

シーズン6のすべての変更により、プレイヤーはダメージ、地上戦利品の運、またはクラフトによってシールドをレベルアップさせる機会を得ることができるようになりました。

最後の大きな違いは、すべてのアーマーのヘルスが25減少することです。つまり、パープルアーマーとゴールドアーマーを装備しているプレイヤーのヘルスは200ではなく、175になります。レッドアーマーは200ヘルスになりますが、225ヘルスにはもう到達できません。

これは、戦略的なポジショニングの報酬を高めるために、TTK(Time to kill)を少し下げることを目的としています。

新しいダメージ要件。
白:50ダメージ
青:125ダメージ
紫:250ダメージ
赤:500ダメージ

ホロスプレー

ホロスプレーは、闘技場でエモートするための新しい方法です。エモートホイールを使用することで、このレジェンド固有のカードを投げつけて敵を愚弄したり、将来の挑戦者に「お前は決して手を出してはいけない」と警告したりすることができます。

バトルパス


今シーズンのバトルパスには、リアクティブなスーパーソニックG7、ブラッドハウンドロードウォリアー、5つの新しいホロスプレー、新しいスカイダイブエモート、武器チャームなどが含まれています。

クエスト

シーズン5クエストのストーリーをフルカラーイラスト入りコミックでお届けします。

毎日トレジャーパックを集めて、クラフトメタル、チャレンジポイント、エイペックスパック、ガンチャームなどの報酬を獲得しよう。

レジェンズの更新

今回のパッチでは、偵察クラスを取り上げています。情報収集を中心としたクラスは、敵の居場所を知ることが生死を分けるBRでは強力なはずだが、偵察クラスの3人のレジェンド(Pathfinder、Crypto、Bloodhound)のうち、1人がゲーム内のパフォーマンスを支配している。(それはロボットです、ロボットが支配しています)

今回のパッチでは、Bloodhoundが最も助けを必要としていたので、主にBloodhoundにバフをかけています。Cryptoの変更点は、Cryptoに隠れたアドバンテージを与えていたバグを修正しなければならないことがわかりました(TLDR: ドローンを攻撃していると思ったら、実際にはドローンを攻撃していなかったということがあります)。Bloodhoundの ultへのバフとCryptoがドローンで得られる新しいユーティリティの間で、ゲーム内の偵察伝説のフィールドがより多様になることを期待しています。

偵察クラス

  • RECON CLASS(ブラッドハウンド、クリプト、パスファインダー)は、次のリングの位置を取得するために調査ビーコンを使用することができるようになりました。Cryptoは、この情報を瞬時に取得するために彼のドローンを使用することができます。

パスファインダー:

  • コンテキスト:すべてのレジェンドに調査ビーコンへのアクセスを与えることは、Pathfinderをよりユニークでなくし、明らかに我々はそれを愛していません。今のところ、我々は友好的なロボットが調査ビーコンを使用したときの究極のクールダウンに小さなバフを与えているが、将来的にはパスファインダーをもう一度見て、彼をよりユニークに感じるようにするために他に何ができるかを見てみよう。
  • パッシブ:パスファインダーがサーベイビーコンをスキャンするたびに、ジップラインガンの総クールダウンが減少します。
  • 数値:パスファインダーがビーコンをスキャンするたびに、ジップラインガンのクールダウンが10秒短縮されました。1ゲームにつき6つのリングまではジップラインガンのクールダウンが120秒から60秒になることを意味します。

ブラッドハウンド:

  • コンテキスト: ブラッドハウンドはApex Legendsの中で非常に明確な役割を果たしています:彼らは情報収集家であり追跡者ですが、現在のところその性能には多くの希望が残されています。今回のパッチでは、彼らの究極が神のようなトラッカーになる大きな瞬間であることをダブルダウンさせたいと思いました。Bloodhoundは敵がスキャンしたり究極を使用したりした時に既に情報を与えているので(それは目立つ音を出す)、究極の間はもっと多くのパワーを得る余地があると考えています。
  • ビースト・オブ・ザ・ハント:ブラッドハウンドがノックダウンまたはキルを達成したときに、さらに持続時間を増加させます。
  • アイ・オブ・ザ・オールファーザー:ビースト・オブ・ザ・ハント中に、アイ・オブ・ザ・オールファーザーが2倍の速さで出現し、クールダウンがはるかに短くなりました。
  • 数: 
    • ビーストオブザハントの持続時間延長5秒→残りの持続時間に基づく[5秒〜15秒]
    • ビーストオブザハント中のオールファーザーCDの目:25秒→6秒
    • ビーストオブザハント中のオールファーザーの総使用時間:1.8秒→0.9秒

クリプト:

  • コンテキスト:クリプトは特に興味深い偵察キャラクターです:彼がドローンを使用してチームのために収集できる情報の量は非常に多いですが、ドローンに切り替えなければならないという事実により、彼は脆弱であり、しばしば彼はチームから離れています。ドローンなしでは彼は能力を持たないので、ドローンにいるときは、さらにパワーを与える余地があると考えています。
  • 監視ドローン: 
    • Cryptoは、ドローンからのリスポーンとビーコンの調査をアクティブ化できるようになりました。そうすることで、長時間の使用を必要とする代わりに即時発動可能です。
    • 監視ドローンのヒットの一貫性を少し高めましたが、ヒットポイントも2倍になりました。
  • ドローンEMP:
    • EMPはたとえシールドを持っていなかったとしても、爆風に巻き込まれたチームメイトの動きを鈍らせるようになりました。これはレヴナントのデストーテムを使用したプレイヤーもスローになることを意味します。
  • 数値:
    • 監視ドローン 30HP→60HP
    • 監視ドローンのヒットボックスサイズ:エッジ長16のキューブ→エッジ長24のキューブ

その他のレジェンド

レヴナント:

  • 経緯:デストーテムの範囲制限がなくなったことでレヴナントが大幅に増加したことを嬉しく思いますが、レヴナント、レイス、クリプトのチームが関与するプロレベルのプレイで特に苛立たしいコンボプレイを見てきました。 3つのアルティメットを一緒に使用するとほとんど実行できませんでした。クリプトの EMPの変更でその一部を攻撃しましたが、このプレイを圧倒的な物にしないため他の部分についても変更しています。
  • デストーテム:
    • デストーテムで復活してから2秒間、プレイヤーはレイスの次元リフトを使用できません。

オクタン:

  • スティム:ヒーリング中にスティムを使用できるようになりましたが、スティムはヒーリングで発生したスローを取り除きません。

ローバ:

  • 経緯: ローバは当初非常に人気がありましたが、最近は採用に苦労しているため、少しバフを投げます。なぜ戦術的ではなく究極にバフを投げるかというと、彼女がいるチームはライフラインやワトソンがいるチームほど勝てないことがわかっています。それはつまり彼女の戦闘外でのユーティリティ(つまり、戦利品をチームに運ぶ方法)が十分ではないことを示唆しています。
  • ブラックマーケット:
    • クールダウンを3分から90秒に短縮

ジブラルタル:

  • 防御砲撃:
    • クールダウンが3分から4.5分に増加

バンガロール:

  • ローリング・サンダー:
    • クールダウンが4.5分から3分に減少

ワトソン:

  • 迎撃パイロン
    • トロフィーの範囲内に着陸した場合、トロフィーシステムは飛行中のコースティックバレルを撃墜するようになりました。

ルート

追加:

  • 拡張エネルギーマガジン。 
  • ターボチャージャーのホップアップ

更新:

  • プレシジョンチョーク-戦利品プールからプレシジョンチョークを削除しましたが、デフォルトでトリプルテイクとピースキーパーに統合されます。発射選択でチョークのオン/オフを切り替えられるようになりました。

サプライドロップ:

  • R99
    • ダメージが11から12に増加しました
    • マガジンサイズを32に拡大
    • 弾薬庫:160

サプライドロップから一般ドロップへ変更:

  • ディヴォーション
    • マガジンのサイズが元の値(36/40/44/48)に戻りました。

フルキット武器の入れ替え

OUT削除: 

  • DMR
  • ヘムロック 
  • スピットファイア 
  • EVA-8 
  • RE-45

IN:追加: 

  • ディヴォーション 
  • マスティフ 
  • トリプルテイク
  • フラットライン 
  • ボルト

弾薬アップデート

狙撃弾

  • ピックアップを8から12に増加
  • スタックサイズを16から24に増加

エネルギー弾薬

  • 弾薬数が30から20に減少

武器アップデート

ヘムロック: 

  • バーストmodでの垂直反動の減少
  • 2回目と3回目のショットでパターンのリコイルを少し減らし、ファーストバーストのキックを少なくします。
  • バースト間のバーストモード時間.32-> .28

チャージライフル

  • 1発につき2発の弾薬を使用するようになりました。
  • マグサイズを4から8に増加

トリプルテイクバフ: 

  • 射撃レートを1.25→1.4に増加
  • マガジンサイズを(5/6/7/8)から(6/7/8/9)に増加
  • デフォルトでチョークが武器に付与されます。チョークの有効/無効は射撃選択で切り替えられます

ピースキーパー

  • デフォルトでチョークが武器に付与されます。チョークの有効/無効は射撃選択で切り替えられます

スピットファイア 

  • 反動制御性を向上

ハボック

  • リコイルパターンを更新
    デザイナーノート:Havocの既存のリコイルパターンは、一定の水平方向の動きを持っていました。これは、反動が多すぎるとコントロールが難しく、逆に反動が少なすぎるとコントロールが簡単すぎるということを意味します。既存のリコイルパターンとより一貫したスタイルの新しいパターンに更新しました。

モザンビーク

  • マガジンサイズを3から4に増やしました。

P2020

  • ダメージを13から15に増加
  • ハンマーポイントのダメージ乗数が2.7から2.35に減少しました。
  • マガジンサイズを(10/13/15/18)から(12/14/16/18)に増加

センチネル

  • プレイヤーが金の鎧を持っている場合、チャージに必要なセルが1つになりました。

プラウラー

  • バーストモードでの垂直反動をわずかに減少
  • 自動モードで水平方向の反動が増加 

プレイフィールの向上

  • サプライドロップ武器は、金色のままの完全装備の銃との混同を避けるため、Heirloom Tier(赤)に変更されました。
  • World's Edgeは、特にツリーの中心、ドーム、スカイフックの周りで、マップの中心に向かってパフォーマンスが向上しました。
  • レイトゾーンがプレイ不可能な地形の上に位置するのを防ぎ、またゾーンの "引き "の予測可能性を減らすためにThe Ringに変更が加えられました。

バグ

-バンガロール-

  • La CatrinaスキンとKilling Machineスキンがホロスコープ、2x、2-4x、3xスコープでADSを実行するとビューが不明瞭になる問題を修正しました。  
  • チェーンリンクフェンスを覗いているときに煙が透けて見えてしまう問題を修正しました。

-ブラッドハウンド-

  • レイスがアルティメットを使用しているときにブラッドハウンドが追加のウルトを取得できる問題を修正しました。

-コースティック-

  • ガストラップがモバイルリスポーンビーコンにクリッピングする問題を修正しました。 
  • レヴナントとパスファインダーがNoxガスのダメージを受けにくくなっていた問題を修正。

-クリプト-

  • ドローンをヒットしたときにVFXが誤検知を示す問題を修正しました。
  • ローバのブラックマーケットを使用しているときにクリプトがドローンを使用できる問題を修正しました。 
  • EMPがローバのブラックマーケットを破壊しない問題を修正しました。
  • クリプトのドローンが壁に侵入するのを防ぐためにジオパスを行いました。

-ジブラルタル-

  • 空爆マーカーが建物の中に表示されることがある問題を修正しました。

-ローバ-

  • ローバのブラックマーケットがpingできない問題を修正しました。 
  • ローバが近接攻撃したときにローバと一緒にテレポートされる問題を修正しました。

-ミラージュ-

  • ャンプタワーや間欠泉の前でデコイを操作すると、デコイが地面を横切って急速に飛んでしまう問題を修正しました。
  • ジップラインを使用しているときにデコイが自然に見えない問題を修正しました。
  • レイスのポータルに入っている間にデコイが空中に発射されてしまう問題を修正しました。
  • スカイダイビング中にミラージュのデコイが時々展開しないバグを修正しました。

-オクタン-

  • 武器の上に置かれたときにジャンプパッドが消える問題を修正しました 。
  • 戦利品の下に配置するとジャンプパッドが消えてしまう問題を修正しました。

-パスファインダー-

  • Hi Friend!

-レヴナント-

  • レヴナントに近接攻撃した際、敵もデストーテムにテレポートされてしまう問題を修正しました。

-レイス-

  • デスボックスが反対側にあるときにレイスポータルがプレイヤーを地面の下に落ちる問題を修正しました。
  • 戦術中に攻撃ボタンを押すとレイスが速度を失う問題を修正しました。 
  • デストーテムとポータルが近すぎると、デストーテムを呼び出した時にポータルに自動で入ってしまう問題を修正しました。

-全般-

  • エボアーマーのレベルアップ効果が2倍になる問題を修正しました。これにより、画面が若干明るくなってしまう問題がありました。
  • 列車のレイスポータルから出てきたときに列車がプレイヤーを殺す問題を修正しました。 
  • 一部の垂直ジップラインで、ラインを降りるとプレイヤーが正しく配置されない問題を修正しました。
  • 観戦ビューを入れ替えた際に最後にpingが鳴ってしまう問題を修正しました(プライベートマッチの問題)。
  • ゴールドシールドを持っているプレイヤーがいない場合に、ノックダウン状態でチームが排除されない問題を修正しました。
  • 近くにアクティブなDOCメディックがいる場合に、デスプロテクションが切れるとDOCがヒーリングを開始しない問題を修正しました。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事