【ボーダーランズ3】「跡を残さず」遅延導入でFL4Kフラック死亡&モズも弱体!10/03アップデート情報【Borderlands3】

Gearbox Softwareは10月3日、『ボーダーランズ3』のHotfixアップデートを配信しました。アップデートではフラックのパッシブアビリティ「跡を残さず」の弱体をはじめ、多数の項目で修正が実施。本エントリーではアップデートの詳細について紹介していきます。

スポンサーリンク

「跡を残さず」遅延導入でFL4Kフラック死亡&モズも弱体10/03アップデート情報:詳細

ヴォルトハンターの調整

FL4K

「ラック・アタック!」は特定ギアと組み合わせた場合、一定のダメージを出すのに最適です。ダメージを与えた敵にはステータス効果が保証されます。「跡を残さず」は意図したよりもはるかに多くの弾薬を返していました。また、弾薬の戻りを予想内に保つために再トリガー遅延を追加しました。「野蛮な叫び」ボーナスは増加しました。投資に見合った見返りがあるとは思わなかったからです。さらに、FL4Kはペットに対してあまりにも注意を払う必要があると感じました。これは、プレイヤーが長時間静止するのを妨げているため、ペットがプレイヤーを動かす能力を無効にしました。

  • 「ラック・アタック!」のステータスエフェクト発生率を100%に強化
  • 「跡を残さず」の再発動に2秒のディレイを追加
  • 「野蛮な叫び」のステータスボーナスが100%増加
  • ペットがプレイヤーを押さなくなった
  • 「ペットをなでる」の優先度を下げ、ルートドロップ品の確認や自動販売機の操作を妨害しなくなった

モズ

Infinite Grenadesは、モズの意図的なビルドではありません(たとえポジティブなものであっても)。このビルドのパワーを下げるために、「破壊の手段」に再トリガー遅延が追加されました。

  • 「破壊の手段」のリトリガー遅延が2秒になりました

ボスの調整

これらの3つのボスの戦いは、彼らの体力とシールドに懸念があり、それが彼らの戦闘ループを意図したよりも難しくしました。ギガマインドのヘルスは少し多すぎたため、わずかに減少しました。カタガワボールはシールドを再生しなくなります。プレイヤーは戦闘中に相手がシールドを不当に再生成し、プレイヤーの進行を無効にすることがわかった。最後に、ビリーは体力の25%が削除されました。この戦いはしばしば不必要に長引くことに同意します。これらの各ボスを監視し、将来さらに調整する可能性があります。

  • ギガマインド、カタガワボール、ビリーザアノインテッドのバランスを調整

全体の修正

  • ガーディアン・ランクスキルの「ホローポイント」が自分や味方にダメージを与えなくなるように修正
  • ガーディアン・ランクスキルの「ホローポイント」が再び有効化
  • 一部のXboxプレイヤーがUltimate Vault Hunterの実績をアンロックできなかった問題を修正
  • PCでフレンドのセッションに途中参加した際にマウス機能が失われる問題を修正
  • 一部のプレイヤーのインベントリが金庫に保存されなかった問題を修正

※アップデート全文


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事