【CoD:Warzone2.0】おすすめのグラフィック設定について解説。そこそこ綺麗でフレームレートも出る!【コールオブデューティ:ウォーゾーン2.0】

解像度Infinity Wardが開発を手掛けるマルチプレイシューター「Call of Duty:Warzone2.0」について、おすすめのグラフィック設定を紹介していきます。

銃やフィールドなど綺麗なグラフィックスも魅力な本作。今回のエントリーでは、ある程度画質を維持したまま、フレームレートを出す設定を紹介していくので良かったら参考にしてください。

Call of Duty:Warzone2.0」おすすめのグラフィック設定一覧

グラフィックス設定変更の詳細

「Call of Duty:Warzone2.0」を含むFPSで「ビデオ設定」を調整する大きな目的の1つが『視認性の向上』と『高フレームレートの確保』です。

そのため、FPSプレイヤーの多くが1920×1080(フルHD)の解像度で視認性を上げると同時に、テクスチャなどの品質を低く設定して高いフレームレート(144FPS~240FPS)を確保しています。

ビデオ

※ディスプレイ

表示モード 全画面
ディスプレイモニター 表示させたいモニターを選択
ディスプレイ アダプタ 搭載しているGPU
リフレッシュレート 使用モニターの数値を設定
ディスプレイ解像度 1920×1080
ダイナミック解像度 オフ
アスペクト比 自動
V-SYNC(ゲームプレイ) オフ
V-SYNC(メニュー) オフ
フレームレート制限 オフ推奨、裏画面のみ制限かけるのもオススメ

品質

※グローバルクオリティ

クオリティプリセット カスタム
レンダリング解像度 100
アップスケーリング/シャープニング FIDELITYFX CAS(※「さらに表示」で強度75に設定)
アンチエイリアス FILMIC SMAA T2X
アンチエイリアス品質 ノーマル
ビデオメモリスケール 85

※細部とテクスチャ

テクスチャー解像度
テクスチャーフィルターの異方性
近距離の詳細度
長距離の詳細度
クラッター描画距離
テクスチャ品質
パーティクル品質レベル
着弾&スプレー オン
シェーダー品質
モザイク オフ
地形メモリ MAX
オン・デマンド・テクスチャストリーミング オン
ストリーミング品質 ノーマル
体積品質
ディフアードフィジックス品質
ウォーターコスメティックス オフ

※影と照明

シャドウマップ解像度
スクリーンスペースシャドウ オフ
スポットシャドウの解像度
スポットキャッシュ
パーティクルライティング
アンビエントオクルージョン オフ
スクリーンスペースリフレクション オフ
スタティックリフレクション品質
天候グリッドボリューム オフ

※後処理効果

NVIDIA REFLEX低遅延 オン+ブースト
被写界深度 オフ
ワールドモーションブラー オフ
ウェポンモーションブラー オフ
フィルム粒子 0.00

表示

※視野角

視野角 100
エイム視野角 連動
武器の視野角 デフォルト
3人称視点の視野角 80
乗り物の視野角 デフォルト

※カメラ

1人称視点カメラ移動 デフォルト
3人称視点カメラ移動 デフォルト
3人称エイム移行 3人称エイム
デフォルト観戦者カメラ ヘルメットカメラ