【News】マイクロソフトがXbox Game Pass for PCを発表。100本以上のゲームを定額で遊べる

マイクロソフトは米国時間の5月30日、自社が2017年より展開している「Xbox Game Pass」のPC(Windows10)版を発表しました。同サービスは定額制のサブスクリションサービスで、加入者は定額でゲームが遊び放題になります。サービスは近日中にスタートとなる予定。詳細は6月9日のE3プレスカンファレンスで発表されるとのことです。

今回発表された「Xbox Game Pass for PC」は、単純に「Xbox Game Pass」をPCにも適用するということではなく、全く別の新しいサービスとして展開する予定です。既に多くのゲームメーカーが参加しており、公式が披露した画像にはベセスダ、Deep Silver、Devolver Digital、Paradox Interactive、セガゲームスといったロゴが確認できます。また、この他にも計75社がコンテンツパートナーとして参加するとのことで、まさにゲーム版Netflixとも言えるサービスとなることが伺えます。

「Xbox Game Pass for PC」の加入者がサービス内のゲームソフトを購入したい場合は、最大20%の割引を受けられるといったメリットをはじめ、マイクロソフトが手掛けるゲームソフトHalo や Gears of War、Forzaの新作であれば発売と同時に定額で遊べるなどPCゲーマーに魅力的な要素も盛りだくさん。とはいえ、現状では一部の参加メーカーとタイトルのみ公開されているだけであり、具体的な価格についても公開されていません。

PCゲームというとやはりSteamが圧倒的に有名ですが、最近ではフォートナイトを開発しているEpic GamesのEpic games Storeといった新しい勢力もサービスを拡大し続けています。将来的にはGoogleのStadiaをはじめとするクラウドゲーミングも控えており、PCゲームの市場も大きい変化が近づいているのかもしれません。「Xbox Game Pass for PC」がどんなPCゲームの未来を見せてくれるのか続報に期待したいと思います。ではまた ノシ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事