【News】世界最大級のゲーム見本市E3 2020が新型コロナウイルスの影響を受け中止を表明へ。主催・出展企業ともにオンラインイベントを検討中との報道

世界最大級のゲーム見本市「E3 2020」を主催するアメリカのゲーム業界団体「Entertainment Software Association」は3月12日、本年度の開催を中止すると発表しました。プレスリリースでは、世界的に流行している新型コロナウイルスの感染拡大が続くなかで、ファン・従業員・出展企業・長年のE3パートナー全員の健康と安全を慎重に協議した結果であると明かしています。

今年は6月9日から11日にかけてアメリカ・ロサンゼルスのコンベンションセンターで開催予定だった「E3 2020」。各社ビッグタイトルの動向など、毎年ゲームに関する最新場を得られる場として世界中のゲームファンから愛されているイベントです。また、今年はゲームタイトルだけでなく、次世代コンソール「Xbox Series X」の続報も届けられることが明らかになっており、例年にも増して注目度が高まっていました。そんな状況下のなかキャンセルが発表され、落胆しているゲームファンも多いかもしれません。

しかし、いっぽうで明るいニュースも入ってきています。「E3 2020」キャンセルの決定が下されたことにより、代替案としてE3ほか各出展企業がライブイベントの準備に入っていると発表しています。会場でイベントが行われないのは非常に残念ですが、ライブイベントという形でゲームの最新情報に触れることはできるかもしれません。アサシンクリードで知られるUBIなど、既にいくつかの企業は今後の方針についてtiwtter上で公開しており、「E3 2020」での発表を楽しみにしていたタイトルがある方は、各社SNSや公式サイトにて今後の動向をチェックするのがオススメです。ではまた ノシ。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事