【VALORANT】Riotより競技方針とルールが正式に公開。選手は16歳以上、イモータル1+、チーム内で最低3人が同じリージョンでプレイなど詳細な条件が明らかに【ヴァロラント】

RiotGamesは10/17、VALORANT(ヴァロラント)公式ブログにて『VALORANT eスポーツの競技方針とルール』というタイトルで投稿を行いました。本投稿には、ルールの明確化の必要性について語っているほか、今後Riotから支援を受けている公式大会については、出場者全員がこのルールとポリシーに同意する必要があると明かしています。※競技方針とルール全文については下のURL、または引用内のリンクよりアクセスできます。

※以下、公式サイトより引用

VALORANT esportsの競争力強化

本日、VALORANT esportsの礎となる競技ポリシーの最初のバージョンを公開します。この数ヶ月間、皆様からいただいたフィードバックは、現在、そして将来の競技性を確保するために必要な構造を明らかにする上で、非常に貴重なものでした。多くのプレイヤー、チーム、ファン、トーナメント運営者の皆様のご協力により、本日発表するポリシーを形にすることができました。

何故、ルールとポリシーが重要なのか

ルール違反の大部分は、明確なルールを書き、明確化を求めるチームやプレイヤーに対応することで防ぐことができます。VALORANT esportsが成長を続ける中で、私の目標は、競争のエコシステムの参加者のために可能な限りの明確性と透明性を確立することです。

競争政策をさらに補完し、フェアプレーを確保するために、VALORANTのアンチチートチームとの強力なパートナーシップを構築しました。トーナメントパートナーと共に、アンチチートチームは、競技会イベント中の疑わしい行動の事例を検討するのを支援しています。これにより、明らかに不正な戦術を追求しているプレイヤーを特定し、すべての参加者にバランスのとれたプレイの場を提供することができます。

今後、Riotの支援を受けたVALORANTの競技会に参加する前に、すべてのプレイヤーは、概説されたルールとポリシーを受け入れ、遵守することに同意する必要があります。皆様からのご意見は、VALORANTをコミュニティに根ざした形で成長させていく上で、非常に貴重なものとなります。皆様のご意見をお聞かせください。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事