『VALORNAT』パッチノート8.09を公開。ブリムストーンのスモーク効果範囲が拡大

当ページのリンクには広告が含まれています。

RiotGamesは4月17日、『VALORNAT』パッチノート8.09を公開した。アップデートでは、ブリムストーンのスモーク効果範囲が拡大。UIの範囲指定サイズがアップデートされ、外側の端がスモークのサイズを正しく反映するように変更が入っている。

そのほか、クロスヘアプロファイルが失われていた不具合の修正など、ゲームプレイに関する調整も行われている。パッチノート全文に関しては以下の引用の通り。

VALORANT パッチノート 8.09

皆さん、こんにちは!Jo-Ellenがパッチノート8.09をお届けします。
近いうちに大きな変更を予定しているため、今回の変更は小規模なものとなります。
今回の変更により、ブリムストーンの腕のブレーサーもより扱いやすいものとなるでしょう!
エージェントのアップデート
brimstone-banner.png
ブリムストーン
ブリムストーンの「スカイスモーク(E)」に小規模なアップデートを行い、設置時にUIで示されたエリアを完全に覆えるようになりました。これによって、範囲指定時のUIの外側がチョークポイントにかかっていた場合、出現したスモークが、そのエリアを完全に覆うようになります。この変更でブリムストーンのスモークの半径が少し大きくなるので、オーメンなどの同種のエージェントのスモークのサイズと一致するようになります。
「スカイスモーク(E)」効果範囲が増加 410 >>> 415
UIの範囲指定サイズがアップデートされて、外側の端がスモークのサイズを正しく反映するように


不具合修正
ゲームプレイシステム
クロスヘアプロファイルが失われていた不具合を修正。ご不都合をおかけして申し訳ありませんが、失われたクロスヘアプロファイルを復元することはできません。ですが、迅速な情報提供により修正にご協力くださった皆さんに心から感謝します。今後も引き続き注意して本件の監視を続けます。
新たに作成したクロスヘアプロファイルがまだ消滅してしまう場合は、プレイヤーサポートにお知らせください。
バトルレポートの自分を倒した敵のフィードが間違っていた問題を修正。
設定で銃弾のトレーサーをオフにしても、プレイヤーがマップから射撃すると表示されていた不具合を修正。
試合終了後にクライアントがフリーズして、クライアントを再起動する必要があった不具合を修正。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャリア系メディアでライターとして勤務後、2017年よりフリーランス。学生向け新卒メディアの取材を経験したのち、現在は趣味のゲームを題材にブログを管理・運営しています。

目次