【VALORANT】『イオンコレクション』のティザームービーが公開。Portal LIKEなナイフ、バッキー、シェリフ、ファントム、オペレーターがセットになって明日より発売開始【ヴァロラント】

RiotGamesは11/11、VALORANT(ヴァロラント)パッチ1.12にてリリースされる新コレクション『イオンコレクション』のティザームービーを公開しました。本バンドルには定番アイテムのナイフをはじめ、バッキー、シェリフ、ファントム、オペレーターが収録。コレクションでの販売が終了間近に迫っている『リーヴァ―コレクション』に代わって、明日よりゲーム内ストアにて発売されることが明らかになっています。

価格については、『イオンコレクション』が7100VP、ナイフが3550VP、武器スキンが1775VPでそれぞれ購入可能です。

※以下、プレスリリース文を引用

合同会社ライアットゲームズ(港区六本木、社長/CEO:小宮山 真司)は、5対5のタクティカルFPS「VALORANT(ヴァロラント)」において、新しいスキンシリーズ「イオン(ION)」を11月12日(木)に実装します。
VALORANTでは、プレイヤーがゲーム内で使用する銃の見た目(スキン)などをカスタマイズ可能で、今回登場する「イオン」は、クラシックなSFの世界を連想させる流線型のフォルムに、希望やユートピアといったテーマを盛り込んだデザインの新しいスキンシリーズです。購入後にゲーム内ポイントを使用して武器の視覚効果、効果音、アニメーションなどをカスタマイズできる要素では、「イオン」の内部にある、コアパーツのエフェクトが特徴のカスタマイズなどをお楽しみいただけます
  • 「イオン」の特徴とテーマ

「イオン」は、遠い未来が舞台のクラシックなSFがテーマのスキンシリーズで、真っ白なプラスチックの外観とハイエンドなガラス、青く光るオーブ、レーザーのサウンドが特徴のスキンシリーズです。いわゆるポストアポカリプスのような荒廃した世界観とは異なり、見た目が美しく先進的なテクノロジーが登場する、明るくて希望に満ちたSFの世界がテーマとなっています。「イオン」は、武器が進化するにつれて、中のコアパーツが露出していくユニークなエフェクトを取り入れています。

  • スキンシリーズ「イオン」種類と価格

【サイドアーム】シェリフ(1,775 VP)

【サイドアーム】 シェリフ(1,775 VP)

【サブマシンガン】バッキー(1,775 VP)

【サブマシンガン】 バッキー(1,775 VP)

【ライフル】ファントム(1,775 VP)

【ライフル】 ファントム(1,775 VP)

近接武器(3,550 VP)

近接武器(3,550 VP)

【スナイパー】オペレーター(7,100 VP)

【スナイパー】 オペレーター(7,100 VP)

  •  「イオン」セット(7,100 VP)

【セット内容】

●上記5つの武器
●プレイヤーカード
●スプレー(ゲーム内で使用できるサイン)
●ガンバディー(武器アクセサリー)

ガンバディー 

  • イオンのカスタマイズレベルとエフェクト

●レベル1
モデル変更/ADS時のカスタム照準
●レベル2
カスタムマズルフラッシュ/弾道エフェクト/発射音
●レベル3
エネルギーコアが透けて見える新しい透明のガンパネル、カスタムリロードアニメーション/ビジュアルエフェクト/オーディオ/、カスタム装備アニメーション/ビジュアルエフェクト/オーディオ、武器を見る際のカスタムオーディオ
●レベル4
フィニッシャー&キルバナー
●レベル5
ビジュアルエフェクト付きのヴァリアント
●レベル6
ビジュアルエフェクト付きのヴァリアント
●レベル7
ビジュアルエフェクト付きのヴァリアント

オペレーター(スナイパー)のレベル別スキンのイメージ
オペレーター(スナイパー)のレベル別スキンのイメージ

※画像はすべてコンセプトアートです。
※価格は発売時のものです。

※以下、武器画像一覧

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事