【VALORANT】『VCT APAC LCQ 2021』の出場チームが大幅に変更。ZETA DIVISIONが出場辞退、複数の中国チームが参加を見送ることが明らかに【ヴァロラント】

Riot Gamesは9/24、公式twitterおよびプレスリリースにてドイツの首都ベルリンで行う国際大会「2021 VALORANT Champions Tour - Champions」への出場権をかけた最後の戦い、『VCT APAC LCQ 2021』の参加チームが変更になることをアナウンスしました。

本件に関して、日本から出場予定だったZETA DIVISIONが出場辞退したことが明らかになったほか、中国の複数のチームについても参加を見送る方針であることが分かっています。

VCT APAC LCQ 2021』はドイツの首都ベルリンで行う国際大会「2021 VALORANT Champions Tour - Champions」に参加するための切符を獲得できる最終予選。日本をはじめ、韓国、東南アジアのポイント獲得数上位のチームおよび、インド、中国の地域大会を勝ち抜いた計10チームがトーナメント戦にて争い、上位1チームが12月に開催予定のファイナルへ駒を進められます。

日本からは先日行われた『VALORANT MASTERS BERLIN』の出場チームであり、ポイント獲得ランキング2位の「ZETA DIVISION」をはじめ、ポイント獲得ランキング3位の「REJECT」が参加予定であったものの、「ZETA DIVISION」が今回の発表で出場を辞退することが明らかに。この決定について「ZETA DIVISION」の公式サイトでは経緯を説明するプレスリリースが公開されています。

リリース文では、「世界で戦えるチーム」という目標に対して結果が満足のいく内容ではなかったとし、このまま『VCT APAC LCQ 2021』に参加するよりも、2022シーズンに向けた体制作りに時間を充てたい旨が語られています。今回の経緯説明には「チームの再構築」という言葉も明記されており、来シーズンに向けてチームのメンバー変更など大きな改革があるのかもしれません。

最後に、今回の出場辞退について『APAC LCQを楽しみにして頂いておりましたファンの皆様並びにRiot Games様をはじめとする関係者の方々には多大なるご迷惑をおかけし申し訳ございません。2022シーズンにはより強く生まれ変わり、世界へ大きく羽ばたくZETA DIVISIONを皆様にお見せ出来るように全力で取り組んで参ります。』と締めくくっています。

※ZETA DIVISIONプレスリリース全文

続けて、Riot Gamesの発表内では日本チームの辞退だけでなく、中国の複数のチームについても「ネットワーク上の問題があるという理由」から参加を見送る方針であることが明らかになっており、これらすべての要因から『VCT APAC LCQ 2021』に参加する計10チームについて大幅に変更することが語られています。

具体的には中国の2枠がなくなり、代わりに日本および韓国にそれぞれ割り振られています。日本からはZETA DIVISIONに替わるチームに関しても補充を行うため、合計2つの枠について新たなチームが入ることになります。

  • 変更後の各地域からの参加チーム数

オンライン限定開催のAPAC LCQでは、4つの地域から予定通り10チームが選出され、Championsのたった1つの参加枠をかけて戦います。各地域からの新たなLCQ出場チーム数は以下の通りです:
●      東南アジア - 3
●      韓国 - 3
●      日本 - 3
●      南アジア - 1

以前に発表した通り、それぞれの地域で最も多くのサーキットポイントを保有しており、かつChampionsへの参加資格を獲得していないチームが、上記の参加枠に割り当てられます。対象となるチームは、ベルリンでのStage 3 Mastersの結果を受けて確定します。また、サーキットポイントが付与されなかった地域にも参加枠が割り当てられます。新しいトーナメント表は、代替のチームが決定次第お知らせします。

VCT APAC LCQ 2021』は2021年10月11日より開催予定。大会の詳細や配信情報については、後日アナウンス予定となっています。

※Riot Gamesプレスリリース全文

スポンサーリンク
コメントを残す

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう