【VALORANT】公式Newsトピックスが更新。ハラスメント行為とサーバーインフラについての現状と方針を示す【ヴァロラント】

RiotGamesは5/7、現在ベータテスト実施中の新作FPS『VALORANT』について「ゲーム内のプレイヤーの動作とサーバーインフラについて」という題名でトピックスを更新し、ハラスメント行為を行うプレイヤーへの注意喚起や、またそれらに関する方針として公式が対策行っていくことも説明しています。

そのほか、本トピックスではゲーム内で最も重要なサーバーインフラに関する話題についても言及。ネットワークのトラフィックが予想をはるかに上回る量で増加し、負荷バランスを調整することに苦戦しているとのことです。

上記の内容に合わせて、トピックスの最後には現在確認しているバグについても話題を広げ、ここ数回のパッチで起きているパフォーマンスの低下を認めたうえで『スパイクUIがHUDと重なる問題』や『スパイクを持っていないにも関わらず持っていると表示されるバグ』など、次回以降のアップデートでこれらも順次修正していくと話しています。

※以下、公式サイトより引用

VALORANTクローズドβ版のグローバル展開を開始して一ヶ月が経ちました。皆少し疲れていますが、とても楽しかったです。先週(お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが)、5月に向けての最優先事項は、できるだけ早く多くの地域のサーバーをオンラインにして稼働させることであると発表しました。新たに加わった韓国、ブラジル、そしてラテンアメリカを歓迎します。

ラテンアメリカといえば、このクローズドベータの本当の課題に取り掛かろうとしています。これを書いている時点(今は4月29日)では、メキシコシティのデータセンターが5月5日にオンラインになるかどうかはまだわかりません。VALORANTのテクニカルディレクターであるDave Heironymus氏がこの件について詳しく説明してくれます。

ハラスメントに関する話題

しかしその前に... 我々が最も述べたいことについて 話したいと思います。 それはVALORANTのような競争的なゲームで克服しなければならない避けられない課題=『プレイヤーの行動』です。エグゼクティヴ・プロデューサーで ヴァロラント開発チームのリーダーでもある アンナ・ドンロンです 。ここではプレイヤーの行動が 私たちの優先事項であることをお話しします。

現状、"ゲームにおけるハラスメントやいじめ”はとても受け入れられるものではありません。先月、私は同僚のツイートに、私が長年マルチプレイヤーゲームをプレイしてきた問題であるソロキューイングの恐怖について返信しました。嫌がらせにあった場合、私たちは他人をミュートすること、もしくは平穏を保つために自分自身をミュートにすることを学んできました。その結果、私たちはゲーム内で妥協を感じる経験をしています。私たちはゲーム内でしばしば自身が不利な立場にあることに気づくのです。

私が心配しているのは、もし私たち(RiotGames)がここでもっと大きな言及をしなければ『ほとんどフォローしないまま終わってしまうか』『誰にとっても公平で競争的な経験を促進するのではなく自己孤立するための「ツール」を提供することに止まってしまうのではないか』ということです。だから、私はその言及をするつもりです。

私は競争力のある非言語コミュニケーションを促進するために開発した機能に満足しています。(スパイクやPingシステムで敵を見つけたときにエージェントが自動的に発言する機能)または、利用可能なすべてのツール(例えばボイスチャットのような!)を使って、競争したい人を保護するために、もっと私たちができること・そしてすべきことがもっとあると思います。

これらは非常に難しい問題です。私は社会を解決することはできませんし、これらの問題のいくつかは本当に深く根付いています。しかし、私が言えることは、Riotはこの問題を真剣に取り組んでいるということです。その証拠に私たちは『何がフェアなチームプレイを促進するのか』という科学と研究に取り組むとため専門の「セントラル プレイヤー ダイナミクス」チームを設立しました。ただし、これは罰則についての研究ではありません。

また、VALORANTチームのリーダーとして、個人的にこれをゲームの優先事項とし、必要なリソースを投資しています。これは短期的な優先事項ではなく、プレイヤーがVALORANTで勝つためにプレイし、仲間の人間を尊重している限り、同じような体験が保証されるということを、プレイヤー(どんなプレイヤーでも)に安心してもらうために必要なことです。

私たちは、できるだけ早く行動規範を公開することから始める必要があります。どんな競争の激しいゲームでも、興奮したり、緊張したりすることは予想されます。しかし、情熱を超えてハラスメントに発展することもあることも知っています。それは許されないことです。

また何かあったらこの話題について話します。ここでの投資を継続する責任をこの場で約束します。

ネットワークインフラに関する話題

さて、この話題から抜け出すには良い方法がありませんので、ジョーとアンナのダイナミックなデュオに戻って、VALORANTのテクニカルディレクターであるデイブ・ハイロニムス氏をお迎えします。

"期待通りにうまくいっていると言っておきます。新しい地域のデータセンターのセットアップが予定通りに進んでいることには満足していますが、レイテンシーやネットワークパフォーマンスが全体的にどうなっているかには満足していません。これは明らかにピーカーの優位性などに影響を与え、プレイヤーの皆様との約束を損なうことになります。

では、最近のレイテンシーに影響を与えているものは何でしょうか?最大の問題は、他の誰もが直面しているのと同じものです。大量のインターネットトラフィックがあり、プレイヤーは多くの異なるISPからアクセスしてきます。これは私たちの責任ですがインターネットトラフィックは、このスペースで迅速に(そして安全に)スケーリングする能力を鈍らせています。Riot Direct チームは、待ち時間の目標を達成するために必要な接続性をできるだけ早く確保するためにたゆまぬ努力を続けてきました。私たちが対処しているのは、インターネットサービスプロバイダがネットワークトラフィックの増加にどのように対処しているかということですが、その多くは、接続をあちこちにルーティングすることで負荷バランスをとる必要があります。前述したように、これは私たちが積極的に取り組んでいることですが、特に予想をはるかに上回るトラフィックの増加に伴い日々課題となっています。

最後の問題は、より多くのリージョンとデータセンターがオンラインになれば解決されるであろうと期待していることです。これは数と可用性の問題であり、ローンチまでに解決したいと考えています。さらに、カバレッジのギャップを埋めるために新しいデータセンターが必要となる場所を常に評価しています。

最後のセクションとして、いくつかの把握しているバグについて掲載しておきます。これらの修正は来週のパッチで行われます。

バグに関する話題

ここ数回のパッチでパフォーマンスが低下していることを認識しており、積極的に修正のための調査を行っています。
・Spike UIがHUDと重なることがあるバグを修正。
・敵プレイヤーがスパイクを持っていないにもかかわらず、ミニマップ上にスパイクを持っていると表示されることがあるバグを修正。

それでは今週も良いお休みを!

Executive Producer & Game Director

ANNA DONLON & JOE ZIEGLER

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事