【VALORANT】パッチ0.47アップデート内容まとめ【ヴァロラント】

RiotGamesは4/22、現在クローズドβテストを実施中の『VALORANT』についてパッチ0.47アップデートをリリースしました。今回のアップデートでは、RAZEをはじめとするエージェントの調整からマップ・バグの修正など、様々な項目で変更が実施されています。

スポンサーリンク

【VALORANT】パッチ0.47アップデート内容まとめ:詳細

エージェント

RAZE

  • ペイントシェルズが2から1に減少
  • ペイントシェルズにキルリセットが追加、クールダウンを更新するには2キルが必要に
  • ペイントシェルズ、ブラストパック、ショーストッパーの効果音を聞き取りやすいように改善
  • ペイントシェルズの2次爆発が意図したよりも早く爆発している問題を修正
  • 修正の意図
    • Razeは、予測可能な位置に配置された敵を懲らしめる脅威度の高いデュエリストを目指しているのですが、クラスターグレネードとその数があまりにも圧迫感のあるシナリオになっているように感じました。また、プレイヤーには適切なゲームプレイ情報が提供されるべきであり、Razeの全てのアビリティの音声キューがその脅威にマッチしていなかったため、それぞれの音声を変更しました。例えば、ショーストッパーが装備されていたり、遠くから発射された場合、プレイヤーはその脅威を明確に認識し、解釈できるようにする必要があります。

SAGE

  • スローオーブが範囲内の選手のジャンプ中も遅くなるように修正
  • プレイヤーはスローオーブを音を立てずに歩けるように変更
  • 修正の意図
    • プレイヤーはバニーホッピングでゾーンを通過することでセージのスローオーブを回避することができすぎていました。私たちは、ゾーン内でのすべての動きに対してスローの最小値をもう少し一貫したものにしたいと考えています。また、ステルスでありながらゆっくりとフィールドを移動する方法を追加することで、ゾーンに対するプレイにニュアンスが増し、Sageにとってはもう少し不確実性が増すと感じています。

マップ

  • Bind、Haven、Split のいくつかの問題を修正
  • Split:オーブをBミッドからBメインに移動
    • ミッドからのプレッシャーを軽減し、Bメインをコントロールするためのインセンティブを選手に与えることを意図しています。

インフラ

高フレーム/秒で動作するプレイヤーのために、クライアントからのアウトバウンドネットワークトラフィックを削減

  • 一部のISPやネットワーク設定がゲームトラフィックをスロットル化し、FPSの増加に伴ってネットワークの遅延が大幅に急増することでゲームプレイに影響を与えていました。
  • ゲーム性・応答性に影響はありません。

バグ

  • 一部のプレイヤーのネットワークによってパケットが破損することがあり、まれにサーバーがクラッシュすることがあった問題を修正
  • Cypherのスパイカムから射撃できるバグを修正
  • 足音の可聴範囲がミニマップに表示されないことがある不具合を修正
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事