【News】「FINAL FANTASY XVI」ティザーサイトがオープン。キャラクターや世界観など設定に関する概要が明らかに

スクウェア・エニックスは10月29日、PS5にて発売予定のシリーズ最新作『FINAL FANTASY XVI(ファイナルファンタジー16)』のティザーサイトをオープンしました。サイト内では本作のメインビジュアルをはじめ、クライブ・ジョシュア・ジルといった主要キャラクターの概要について明らかにしているほか、舞台となる世界「ヴァリスゼア」とそこに連なる各国家(ロザリア公国、ザンブレク皇国、ウォールード王国、ダルメキア共和国、鉄王国、クリスタル自治領)についても解説しています。

スポンサーリンク

【News】「FINAL FANTASY XVI」ティザーサイトがオープン。キャラクターや世界観など設定に関する概要が明らかに

登場人物

左からクライブ・ジョシュア・ジル

CLIVE ROSFIELD-クライブ・ロズフィールド

ロザリア公国の第一王子にして本作の主人公。15歳。ロズフィールド大公家の嫡男として生まれるも、フェニックスのドミナントとして覚醒せず、その役目は弟のジョシュアが担うことになった。クライヴは剣の鍛錬を積み、御前試合にて実力でナイトの称号を得る。クライヴは正式にジョシュアの盾となり、"フェニックスの祝福"を与えられ、その能力の一部を使用可能となった。やがて彼は大きな悲劇に巻き込まれ、惨劇を引き起こした謎の召喚獣"黒きイフリート"を追う復讐者となる。

JOSHUA ROSFIELD-ジョシュア・ロズフィールド

ロザリア公国の第二王子にして、クライヴの実弟。10歳。その身に召喚獣フェニックスを宿すドミナントである。兄のクライヴを尊敬し、貴族の生まれながら、分け隔てなく人に接する気さくさを併せ持つ。武よりも書を好む性格で、病弱な自分よりも、兄クライヴがフェニックスを宿すべきだったと考えている。ニンジンが苦手。ジョシュアもまた、クライヴ同様に、大きな悲劇へと巻き込まれてゆく。

JILL WARRICK-ジル・ワーリック

ロズフィールド家に身を寄せる北部出身の少女。12歳。北部部族より和平の証としてロザリアに預けられ、クライヴやジョシュアと共に育ち、兄妹のような間柄になる。礼儀をわきまえ、クライヴやジョシュアを気遣う心優しい彼女は、二人の良き理解者である。

世界観

"ヴァリスゼア"―それは、クリスタルの加護を受けし大地。

"ドミナント"召喚獣を宿す者たち。

このほか、ティザーサイトでは主要国家(ロザリア公国、ザンブレク皇国、ウォールード王国、ダルメキア共和国、鉄王国、クリスタル自治領)の詳細についても公開中です。気になる方は是非下のURLからチェック! ではまた ノシ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事