【News】『オーバーウォッチ 2』新PvPモードPushをはじめ、ストーリーミッションやヒーロータレントなど新要素について詳細を公開

Blizzard Entertainmentは11月2日、米国カリフォルニア州で開催中のファンイベントBlizzCon 2019にて『オーバーウォッチ 2(Overwatch 2)』を正式発表しました。対応プラットフォームはPC/Nintendo Switch/PS4/Xbox Oneを予定。本エントリーでは『オーバーウォッチ 2』にて追加される新要素の詳細について紹介していきます。

新PvPモード「プッシュ」

©2019 Blizzard Entertainment, Inc.

プッシュは「オーバーウォッチ 2」で追加される新しい対称型のマップタイプです。チーム同士が中央に配置されたロボットの制御権を奪い合うバトルを繰り広げ、敵拠点に向かってロボットを進めます。各チームはロボットの制御権をいつでも取り返すことができ、敵サイドのより奥までロボットを押し進めたチームが勝利となります。

ストーリーミッション

©2019 Blizzard Entertainment, Inc.

これまで『オーバーウォッチ』では、オーバーウォッチの解散、新たな脅威の台頭、ウィンストンによるオーバーウォッチ再集結の呼びかけと応答が描かれてきた。いよいよ『オーバーウォッチ 2』では、その後の展開をゲームを通じて体験できます。操作ヒーローを選択し、固有アビリティを駆使しながらストーリーミッションに挑むことになります。

ヒーローミッション

©2019 Blizzard Entertainment, Inc.

ヒーローミッションはリプレイ性を重視したPvEコンテンツ。同社からリリースされている『Diablo 』シリーズのように、繰り返し遊ぶコンテンツとして設計されているとのこと。そのため、出来るだけ長く楽しめるよう、ミッションなのどの目標は毎回変化することも明らかになっています。敵勢力についても(ヌルセクター、タロンなど)複数登場するとあります。

PvE用のヒーロータレント

©2019 Blizzard Entertainment, Inc.

各ミッションではPvE用のレベルアップシステム、タレントのカスタマイズシステムを導入。各ヒーローのタレントを選択し、プレイスタイルにあわせたビルドの構築が可能です。アビリティはユニークなものが多く、たとえばトレーサーの「Adaptive Reload」は、スキルを使うたびにパルス・ピストルがリロードされるというもの。うまく利用し続ければ手動でリロードすることなく戦い続けられるとあり、PvPとは違ったキャラクターの魅力を体験できる機会となっています。

キャラクターの新ビジュアル

©2019 Blizzard Entertainment, Inc.

ゲームエンジンのアップグレードによりキャラクターモデルがより美しく。そして、ルックス自体も大幅に変更されます。服装はもちろん、ヘアスタイルの変更やバスティオンがトールビョーンの帽子をかぶたっりと、ビジュアルの変更にストーリー性が含まれるものも多くあります。

※公式サイト

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事