【VALORANT】コミュニティの質問に答える第11回。不安定なアップデート、大会中のパッチリリース、暴言について公式が今後の対応を明かす。【ヴァロラント】

RiotGamesは11/6、コミュニティの質問に答える『ASK VALORANT-NOV.5』を公開。そのなかで、最新アップデートが不安定な状況や、大会中のパッチが混乱を招いていること、暴言を吐くプレイヤーへの対応について見解を明かしています。

※以下、公式サイトより引用

Q

最近パッチの安定性が本当に悪いです。何があったんですか?

A

ああ、これは痛いところをつかれましたね。正直言って、最近の0日目のパッチの安定性は私たちの予想をはるかに下回っています。これには様々な理由があります。内部プロセスの改善から、考えなければならない哲学的な変更、ツールやインフラへの投資などです。正直なところ、少しペースを落としてもいいかもしれません。

クローズドベータを開始する前から、2週間のパッチスケジュールを厳守してきました。自宅で仕事をするというロジスティックな課題があったにもかかわらず、チームは、マップのリリーススケジュールを前倒しするなど、コンテンツや機能をできるだけ早くリリースすることに、信じられないほど情熱を注いできました。しかし、今は一息ついて、我々の努力が持続可能であり、プレイヤーの皆様が求めるクオリティーを実現するために、内部的に何をすべきかを見直す時期に来ています。

1.11のデプロイ(およびロールバックと再デプロイ)の最大の火種が消えた今、私たちは数週間かけてプロセスとツールを徹底的に調査し、私たちが計画しているすべての素晴らしいものを持続的に、そしてより高い品質基準で出荷し続けるための改善のためのロードマップを確認するつもりです。

どのような改善が期待され、何に責任を持つべきかを皆様に知っていただけるよう、可能な限り透明性の高いものにしたいと考えておりますので、休暇に入る前に、どのようなアクションを取るかについての概要とロードマップをご報告いたします。

それまでの間、皆様の忍耐とご理解、ご支援に感謝いたします。

—Arnar Gylfason, Senior Producer

Q

First StrikeのNA予選の時に最新パッチが当たったものの、その後ロールバックされました。esportsトーナメント中にパッチが当たることについてどう考えていますか?もしパッチが乱立しすぎたらどうしよう。

A

最初に: これまで大変ご迷惑をおかけしました。そして、ありがとうございました。パッチの合間にesportsイベントを開催するのはかなり複雑な作業です。特にVALORANTは2週間ごとに更新されるので、かなり複雑な作業になっています。開発チームは予選会に間に合うようにすべての変更を行ったと考えています(パッチノートの序文を参照)。しかし、あまりに複雑になりすぎて幾つかのNA予選は火曜日の間違ったサイドで終わってしまいました。

本来はもっと良い経験になるはずだったので、今回の教訓を生かして改善していきたいと思っています。年末に向けて、開発チームとesportsチームは、5番目のマップであるIceboxをリリースすることで、First Strikeメインイベントの真のベストオブファイブをアンロックしたいと考えていました。Iceboxは、プロが大会に参加する前に練習するのに十分な時間を確保するために、4週間のランクキューが必要だと考えていました。

また、次のパッチ (1.12) はFirst Strikeの途中にリリースされる予定ですが、混乱を最小限に抑えるためにライトな内容にしておきたいと考えています。VALORANTの開発チームはパッチ1.11に通常よりも多くのコンテンツをフロントロードし、予定よりも早くマップをリリースしました。これにより、不安定な体験が発生し、最終的にパッチはロールバックされました。

パッチのタイミングについては First Strikeのメインイベントまでの1ヶ月間、世界中で予選会のスケジュールが非常に集中していたため、予選会の混乱を回避し、Iceboxのための4週間のランウェイを提供できる日程がほとんどありませんでした。ほとんどの予選会が始まる前にパッチ 1.11 をリリースすることにしましたが、結局 NA の予選会を考慮してパッチ 1.11 をリリースすることはできませんでした。制約のある中で作業していたので、苦しいとは思っていましたが、「まあいいか」と思っていました。(パッチノートについては早い段階で選手に共有していました)

とにかく、最初のNA Qualifierが2つの異なるパッチでプレイされるのを避けるために、残りの16チームがパッチ1.10でトーナメントを締めくくる別のインスタンスをアンロックしました。その間、ライブゲームは11月2日にパッチ1.11にアップデートされました。これらは間違いなく、我々がe-sportsシーンとゲームを同時に立ち上げる中で教訓得て成長した証です。

—Riley Yurk, Manager, VALORANT Esports Strategy

Q

今は強制的に名前を変更して行動規範に違反したプレイヤーを罰するようにしているのは知っていますが、チャットのひどいものに対処する予定はありますか?

A

我々はローンチ前にチャットが問題になることを知っていました。しかし、新しいシステムの準備ができていなかったので、仕上げの作業をしながら、ローンチ以来稼働している暫定的なシステムを設置しました。

今日、私たちはチャットと音声通信の制限を最悪のケースに発行しました。これは、簡単に検出できる明らかに悪い言語と行動に焦点を当てたものです。私たちは最近、英語で実行されている新しいチャット評価システムを導入したので、テキストや音声通信制限を受けたプレイヤーに出くわすことが増えるかもしれません。今後数ヶ月の間に、サポートされる言語を拡大し、最も重大な違反者だけを検出することができるように改善していきます。

あなたの言葉はチームメイトに意味のある影響を与え、試合中に発した言葉は、その発言をした相手に永続的な影響を与える可能性があることを覚えておくことが重要です。ヘイトスピーチ、中傷、あらゆるタイプの脅迫やいじめはゲームでは歓迎されません。チャット制限を受けたプレイヤーは、ゲーム内で建設的にコミュニケーションを取るように注意してください。

それ以外の方へ 行動規範に従わないプレイヤーを報告し続けてください。それぞれのレポートは、私たちの行動システムに送られ、レビューされます。レポートは、私たちの機械学習モデルを継続的に改善し、破壊的な行動に対処するのに役立ちます。

—Rae Edwards, Producer, Central Player Dynamic

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事