【VALORANT】パッチノート4.0を公開。NEON(ネオン)の実装/近接を含む武器の調整/コンペの参加条件強化/バインドとブリーズのアップデートが実施【ヴァロラント】

RiotGamesは1/11、『VALORANT』4.0パッチノートを公開しました。今回のパッチでは、新エージェント『NEON(ネオン)』が実装されたほか、近接武器を含む各種武器(スペクター・アレス・ガーデォアン・ブルドッグ)の調整が実施。マップに関しても、バインドとブリーズにてオブジェクトの追加が行われるなど各種変更が行われています。

また、episode4 act1よりコンペティブモードの参加条件がより厳格化。従来がアンレート10勝だったのに対して、本アップデートからアカウントレベル20以上という条件に強化されています。そのほか、新バトルパスなどお馴染みの新コンテンツも登場しており、episode4の開幕に相応しい大規模なアップデートとなっています。

※以下、公式サイトより引用

VALORANT パッチノート 4.0

パッチ4.0では新エージェント「ネオン」のほか、新たなバトルパスとスキンシリーズが登場します。また、いくつかの武器で強化と弱体化が行われ、近接戦闘の改良も加わっています。そして、アタッカーとディフェンダーのパワーバランス調整を図るため、マップ「バインド」、そして特に「ブリーズ」でいくつかレイアウトを調整しました。コンペティティブに関しては、プレイするために必要な最低アカウントレベルを設定しています。

Patch_Notes_Highlights_4_00_JA.jpg

エージェントのアップデート

V_AGENTS_587x900_Neon.png

ネオンが参戦!

武器のアップデート

近接武器

今まで近接武器は狙いを定めるのが難しく、あまり頼りになりませんでした。そこで今回、近接攻撃の左クリックと右クリックの両方をアップデートし、より信頼のおける近接攻撃方法となるようにしました。

  • 右クリックのヒットボックスを1.5倍の大きさに変更。左クリックのヒットボックスを右クリックよりも大きく、かつ若干長く変更
  • ナイフ攻撃の中心部に近い対象が最初にダメージを受けるので、精度も兼ね備えています
  • ボーナス:壁をナイフで切りつけた際、瞬時に反応が表れるように(クライアント側で予測)

スペクター

スペクターの汎用性には私たちも満足していますが、遠距離での戦闘だけにとどまらず、意図した使い方である近距離や移動中の戦闘においても少し強すぎたようです。そこで、射撃エラーをより早い段階で発生させ、横方向の切り替えがより頻繁に起こるようにすることで、遠距離からのキルを以前よりも難しくしました。この変更により、近距離でのスプレー射撃に関しても、効果的にキルを取るにはコントロール力が必要になるはずです。

  • 射撃エラーがより早い段階で発生するように
    • 例として、4、7、10発目(弾の発射順)でエラーが起こっていたところが、3、6、8発目で起こるようになります。
  • 走行中、ジャンプ中、昇降器具の使用中に、縦方向と横方向のリコイル率が増加:1.25→1.5
  • スプレー射撃中の横方向への射線切り替え時、ブレ抑制が早期に解除されるように:8発目→5発目
  • 横方向への射線切り替えの時間を短縮:0.24秒→0.18秒
    • スプレー射撃中、横方向に射線を再度切り替えるまでの時間が短縮されました。つまり、今までよりも頻繁にブレが発生する可能性があるということです。

アレス

スペクターの変更と並んで、アレスの使用感とパワーを改善し、同じ価格ティアの他の武器と張り合えるようにしたいと考えました。

  • 時間経過による発射速度の上昇を削除
  • 発射速度が上昇:10→13

ガーディアン

フルオートライフルと比べて、ガーディアンに発射速度ペナルティーは必要なかったので削除することになりました。射撃が不安定になり始めるのを1発分遅らせることにより、この武器でのタップ撃ちがしやすくなり、戦闘での全体的な使いやすさが改善されるはずです。

  • ADS(照準)時の発射速度ペナルティーを削除
  • 射撃精度の低下が弾1発分遅れて始まるように

ブルドッグ

安くて汎用性の高い武器が必要なシチュエーションにおいて、ブルドッグがお得なチョイスとなるよう変更を加えました。

  • 腰だめ時の発射速度が上昇:9.5→10
  • バースト射撃時のリカバリーを改善:0.4→0.35
    • 各武器にはそれぞれ「銃のリカバリー時間」が設定されており、前回の射撃のあと、そのリカバリー時間が経過する前に再射撃すると、射撃の精度が下がる仕組みになっています。リカバリー時間が短縮されることにより、バースト射撃の効率が上がるはずです。

マップのアップデート

バインド

bind-banner.jpg

1112022_PatchNotes400Article_highresscreenshot00006.jpg

1112022_PatchNotes400Article_highresscreenshot00004.jpg

  • Aショートの2段に積まれた遮蔽物は、かなり強力なワンウェイスモーク(一方的に相手を見ることができるスモーク)を展開できる場所となっており、アタッカーの接近が非常に困難だったため変更
    • センチネルは今までと同様にこのスペースを塞ぐことが可能ですが、新しいレイアウトになったことで、アタッカーには攻め入る手段がいくつか生まれるはずです。

1112022_PatchNotes400Article_highresscreenshot00007.jpg

1112022_PatchNotes400Article_highresscreenshot00005.jpg

  • 新たに小さなベンチを追加し、最初のピーク時に相手から位置を予想されづらいように

ブリーズ

4_27_2021_WhatsNewinEp2A3Article_breeze.jpg

1112022_PatchNotes400Article_a-main-before.jpg

1112022_PatchNotes400Article_a-main-after.jpg

  • Aメインのチョークの横幅を広くし、50/50のリスク(敵が潜んでいる可能性のある2つの場所から、二者択一で選択を迫られる状況)を排除
    • これにより、ディフェンダーはAメイン付近でプレイする際、選択の幅が広がるはずです。また、ケイヴに出入りする際のリスクも無くなったので、より戦略的に攻め入ることも可能になります。

1112022_PatchNotes400Article_cave-before.jpg

1112022_PatchNotes400Article_cave-after.jpg

  • ケイヴに2段に積まれた箱を追加
    • この変更でアタッカーはケイヴに攻め込む際に活用できる遮蔽物が増え、ディフェンダーとしてもこのスペースを奪う際に戦略の幅が広がるはずです。

1112022_PatchNotes400Article_a-site-before.jpg

1112022_PatchNotes400Article_a-site-after.jpg

  • サイトA後方の遮蔽物を調整し、プールを壁近くまで延長
    • 遮蔽物の変更により、ディフェンダーは安全に退却する場所と奪還時のカバーを得られます。またプールが延長されたことで、このエリアでのプレイがより快適になるはずです。
    • スパイク設置サイトも、この新しいプールの形に合わせ延長されます。

1112022_PatchNotes400Article_mid-before.jpg

1112022_PatchNotes400Article_mid-after.jpg

  • ミッドのカーブ状の壁を調整
    • この変更により、エリアがよりシンプルになり、余分なスペースが削除されました。

1112022_PatchNotes400Article_b-before.jpg

1112022_PatchNotes400Article_b-after.jpg

  • サイトBにあるピラーに遮蔽物を追加、後方をブロックする新たな壁を設置、ウォールBに積み上げられた箱を追加
    • ピラーに遮蔽物が設置されたことにより、スパイク設置前後に新たなチャンスが生まれます。
    • この調整により、Bメインからの射線が遮られ、新たな遮蔽物を取り入れたプレイングが可能になります。後退時においても奪還時においても、この新しい遮蔽物が役立つでしょう。
  • 新しく設置された積み上げられた箱は、Bメインからのアングルをいくらか遮るため、後退時、奪還時に新たな選択肢が生まれ、薄い壁越しに起こるぎこちない戦闘を解消する助けにもなるはずです。
  • Aに設置されているドアは完全に開ききる、または閉まりきるまで再稼働しなくなるよう変更

コンペティティブ

マップとエージェントのプールが増加し、新規プレイヤーがVALORANTについてしっかり学んでからプレイするのが困難になってきました。今まで、プレイヤーはいつでも好きな時からコンペティティブに参加できていましたが、私たちはすべてのプレイヤーがコンペティティブでプレイする前に、コアとなるゲームプレイをじっくり学び、すべてのマップやエージェントで十分な経験を積むことが大事だと考えています。そこで、この学習期間を設けるべく、コンペティティブをプレイできるアカウントレベルに条件を追加しました。

  • パッチ4.0より、まだランクマッチをプレイしたことのないアカウントでコンペティティブキューに参加するには、アカウントレベル20以上が必須条件に
    • アカウントレベル20に達していなくても、すでにコンペティティブキューでプレイしたことがあれば、今まで通りランクマッチでプレイ可能です。

5人パーティーでのランクレーティングのペナルティーを軽減

ランクマッチでの5人プリメイドパーティーに関する初期データを調べたところ、5人パーティーの場合に受けるランクレーティング(RR)の獲得量/損失量ペナルティーが、厳しすぎたかもしれないことが分かりました。5人未満のパーティーと同じように、5人パーティーにおいても、試合は公平になるよう組まれます。つまり、高ランクのプレイヤーを迎えて5人パーティーを組んでも、相手には同等のチームが来るので、低ランク帯のプレイヤーはかえってランクが上がりづらくなるのです。このデータを基に、低ランク帯でRRのペナルティーを軽減することにしました。

  • ダイヤモンド2以下のプレイヤーは、RRペナルティーが現在のバランスよりも25%軽減されます。つまり、以前は最低50%だった獲得量/損失量の低減が、新たなペナルティー基準では最低25%になるということです
  • リーダーボードの公正さを保つため、この変更はリーダーボードに関わってこないランク帯にだけ適用されます

マップのランダム性が上昇

  • マップのウエイトを改善しました。これにより、選択されるマップがよりバラけるようになり、異なる試合で連続して同じマップが選ばれることが減るはずです

不具合修正

ゲームシステム

  • スキン固有のキルカウンターのビジュアルが、正しくアップデートされない不具合を修正

eスポーツ関連機能

  • まれにコーチがナンバーキー+クリックで対象を変更できない不具合を修正
    • RobWizさん、報告ありがとうございます!

愛されし既知の不具合

1112022_PatchNotes400Article_wide_kj.png

引き伸ばしキルジョイ

  • 私たちも好きでしたが、このバナーを修正しなければなりません
    • この修正はパッチ4.01にて行われるので、それまでお楽しみください!
スポンサーリンク
コメントを残す

関連キーワード
関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう