【News】「FINAL FANTASY XVI」が電撃発表。プロデューサーは吉田直樹氏、ディレクターを髙井浩氏が務める

スクウェア・エニックスは9月17日、SIEによるLiveイベント「PLAYSTATION 5 SHOWCASE」にて『FINAL FANTASY XVI(ファイナルファンタジー16)』を電撃発表しました。対応プラットフォームはPlayStation5。詳細なリリース時期については不明となっています。



電撃発表にあわせて、公式ティザートレーラー第1弾となる「FINAL FANTASY XVI-AWAKENING」が公開。FFシリーズではお馴染みとなるクリスタルの存在が確認できるほか、チョコボをはじめ、シヴァ、タイタンといった召喚獣の姿も確認できます。また、『FINAL FANTASY XVI(ファイナルファンタジー16)』のロゴからも確認できるように本作ではフェニックスとイフリートが特に大きな役割持っている様子。炎を司る召喚獣としてどちらも長く活躍してきただけに、どのような展開を見せていくのか非常に気になります。そのほか重要なテーマとして『クリスタルの加護を断ち切る物語』であることも挙げられており、これまでと一線を画した『FINAL FANTASY』となりそうです。

Liveイベント「PLAYSTATION 5 SHOWCASE」終了後には、「PlayStation.blog」にてプロデューサーとディレクター2名よるプレスリリースも掲載。以前からウワサされていた通り、プロデューサーに吉田直樹氏、ディレクターに髙井浩氏と、『FINAL FANTASY XIV(ファイナルファンタジー14)』を代表する2名を筆頭に『FINAL FANTASY XVI(ファイナルファンタジー16)』の開発が進められていることも明らかになっています。以下、プレスリリース文を掲載。

1stトレーラー「FINAL FANTASY XVI “AWAKENING”」


『FINAL FANTASY XVI 』“プロデューサー”の吉田です。非常に少人数のチームからスタートし、コツコツと積み上げてきた最新作。今回はその一端となるトレーラーをご覧いただきました。リアルタイムカットシーンとバトルシーンで構成された映像はいかがだったでしょうか? 本作はさらなるクオリティアップと共に、最高のゲーム体験とストーリーをお届けすべく、開発一丸となって完成へと突き進んでまいります。次なる大きな情報公開は2021年を予定していますので、今しばらく、アレコレご想像しつつお待ちください!
引き続き、『FFXIV』と同様に、新たなるシリーズ『FFXVI』にもご注目ください! どちらも頑張ります!!

『FINAL FANTASY XVI』プロデューサー
吉田直樹



「FINAL FANTASY」シリーズ一作目は学生の頃、1ユーザーとしてプレイしました。『FFV』では開発スタッフとして製作者の末席に座らせてもらいました。その後は『FFXI』『FFXIV』とオンラインのファイナルファンタジーに携わる事が出来ました。そして……

『FINAL FANTASY XVI』

16作目となるこのタイトルに携われることになり、新たな開発環境の構築から始め、さまざまなチャレンジを行なっています。更にはPlayStation®5での開発。現在スタッフ一同精魂込めて日々開発を進めています。皆さんの手に取っていただくには今しばらく時間を頂くと思いますが期待してお待ちいただければと思います!

『FINAL FANTASY XVI』ディレクター
髙井浩


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事