【VALORANT】新キャラ『アストラ』公開。設置型の星を操りマップをコントロールするエージェント【ヴァロラント】

RiotGamesは3/1、season2 act2で登場予定の新エージェント『アストラ』を公開しました。公式twitterおよびyoutubeでは、アストラのゲームプレイ動画もあわせてリリース。「星」をベースに、スモーク・スタン・引き寄せ、遮断など多彩なスキルでマップをコントロールする姿が収録されています。

※『アストラ』ゲームプレイ&スキルの概要


新エージェント『アストラ』のスキルは、アストラ固有視点の頭上からマップを見下ろすアストラル状態で「星」を設置し、性能を切り替えることで各スキルを発揮する独自のスタイルとなっています。

  • C「グラヴィティウェル」
    • 「アストラルフォーム」(X)でスターを設置 スターを「発動」することで「グラビティウェル」を形成する。範囲内のプレイヤーを中心に引き寄せてから爆発して、範囲内に残っていたすべてのプレイヤーを弱体化させる。
  • Q「ノヴァ・パルス」
    • 「アストラルフォーム」(X)でスターを設置 スターを「発動」することで「ノヴァパルス」を起爆する。「ノヴァパルス」は少しの間チャージしてから爆発し、範囲内のすべてのプレイヤーをスタンさせる。
  • E「ネビュラ」
    • 「アストラルフォーム」(X)でスターを設置 スターを「発動」することで「ネビュラ」(スモーク)に変える。 スターを「使用」(F)すると「ディシペイト」の効果でスターを回収する。回収したスターは新たな場所に設置可能になる。 「ディシペイト」発動後、スターが戻ってくるまでの少しの間、スターのあった場所にフェイクの「ネビュラ」を発生させる。
  • アルティメット「コズミックディバイド」
    • 「発動」(X)すると「アストラルフォーム」になり、プライマリでスターを設置可能になる。スターは再度発動させることで「ノヴァパルス」、「ネビュラ」、「グラビティウェル」に変化する。 コズミックディバイドのチャージが完了している場合、「アストラルフォーム」の状態でセカンダリを押すと狙いを定め、プライマリで2つの地点を指定し、その2つの地点を結ぶ無限の長さの「コズミックディバイド」を出現させる。「コズミックディバイド」は銃弾をブロックし、音を大きく減衰させる。
  • F「ディシペイト」
    • 設置した星を回収する。回収時は短時間ネビュラのドーム型煙幕が発動する。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事