【EFT】パッチノート0.13.0.0を公開。新マップ「Streets of Tarkov」/修理キット&強化が追加/AR用グレポンを含む多数の新アイテム/Co-Opモード拡張/サウンドのリワーク/FSR2.1に対応【エスケープフロムタルコフ】

Battlestate Gamesは12月28日、公式サイトにて『Escape from Tarkovパッチノート0.13.0.0』を公開しました。過去最大規模となる今回のアップデートでは、待望の新マップ「Streets of Tarkov」が実装。廃工場、パインウッドホテル、通信社ビル、コンコルディア住宅、カーディーラー、テラコットビジネスセンター、映画館、スーパーマーケットといった都市インフラを構成するタルコフ市の一部がゲーム内に登場しています。「Streets of Tarkov」については、以降アップデートでロケーションが拡張されていくことも明らかになっています。

続けて、パッチノート0.13.0.0にて修理キットと装備の強化が追加。武器と防具に関して様々な強化が行えるようになり、武器であれば誤作動確率の減少と命中率の向上、防具であれば受けるダメージを減少させるなどの効果を付与可能。修理キットと強化の実装にあわせて、既存のスキル「インテリジェンス」が修理で使うリペアポイントの減少に影響するなど変更が入っています。新たなスキル「ライトアーマー」と「ヘビーアーマー」ほか「カリスマスキル」も今パッチにて変更。

武器やアイテム関連ではAR用の「アンダーバレルグレネードランチャー」をはじめ、拡張マガジンなどの複数の新MODが実装。また、アイテムについても新たな注射器など多数のアイテムが登場しています。最後にシステム面に関してもアップデートが複数入っており「サウンドメカニクス」のリワークや「AMD FSR2.1」といった、ゲームの快適性に関する要素も大幅にアップグレードされたパッチになっています。

以下、パッチノート詳細。

 

 


新コンテンツ:

Streets of Tarkov

今回のアップデートでは、プリモスキー通りとクリモフ通りの交差点に位置するタルコフ市の一部を追加します。この部分には、廃工場、パインウッドホテル、通信社ビル、コンコルディア住宅、カーディーラー、テラコットビジネスセンター、映画館、スーパーマーケットSparzhaなど、都市インフラを構成するオブジェクトが配置されています。これは都市に関する作業の最初の部分であり、後にロケ地は拡大される予定です。

リペアキットと強化

  • 武器、防具、プレートキャリアを修理キットで修理した際に、標準またはレアな改良を受けることができるようになりました。
  • アイテムの強化は、対応するスキルのレベル10で開放されます。武器の場合は「武器メンテナンス」、鎧の場合は「ライトアーマー」と「ヘビーアーマー」があります。
  • レアな強化は、対応するスキルのエリートレベルでのみ適用可能。
  • 通常の標準的な強化は、対応するスキルのレベルに応じて、その確率と強さが変化する。
  • ボディアーマーとプレートキャリアの場合、強化によってキャラクターが受けるダメージが減少する。
  • 武器は同時に2種類の強化が可能です。武器は2種類の強化を同時に行うことができ、1つは誤作動確率の減少、もう1つは命中率の向上が可能。
  • 強化はアイテムの技術条件(またはアーマーポイント)の一定範囲内で有効であり、再度修理を行った場合は解除される。
  • 強化内容とその価値はアイテムの価値(販売価格、保険、フリーマーケット手数料)に影響する。
  • インテリジェンススキルは、修理に使われるリペアポイントの量に影響するようになりました。
  • リペアキットで修理する際に削除されるアイテムの最大耐久度の値は、対応するスキルに依存するようになりました。武器の場合は「武器のメンテナンス」、鎧の場合は「ライトアーマー」と「ヘビーアーマー」です。 耐久度ポイントを持つ他のアイテムの場合は、Intelligence。

スキル

  • 新スキル「ライトアーマー」を追加

移動力、修理時の鎧の摩耗、鎧に当たった時の近接武器のダメージに対するペナルティを減少させる。

  • 新スキル「ヘビーアーマー」追加

移動力低下、鎧に覆われた部位への鈍器ダメージ、修理時の鎧の摩耗を軽減する。

  • カリスマスキルの見直し

このスキルの進行は、保険、有償エキス、運用タスクの交換、スカブボックスの価格、セラピストのヒーリングサービスに影響を及ぼします。

武器と装備

  • 互換性のあるバレルマウントを持つすべてのAKファミリー自動小銃用のGP-25 "Kostyor" 40mmアンダーバレルグレネードランチャーを追加しました。
  • 適切な長さの銃身と互換性のあるハンドガードを持つすべてのAR-15ライフルファミリー用のM203 40mmアンダーバレルクレネードランチャーを追加しました。
  • SR-2MPアップグレードキット、KP-SR2サイト、20連および30連マガジン付きのSR-2M "Veresk" 9x21サブマシンガンが追加されました。
  • Steyr AUG A1およびA3 5.56x45アサルトライフルの改造と10発、30発、42発のマガジンを追加しました。
  • グロック19X 9x19と19、24、31連マガジンを追加しました。
  • RSH-12 12.7x55アサルトリボルバーを追加しました。
  • 新しい装備を追加しました。

協力プレイ PvE拡張

協力プレイモードに新しい設定を追加

  • エネルギーと水の消耗をしない

水とエネルギーの消費を無効にする」をチェックすることで、アイテムを消費する以外のエネルギーと水分の経時的な減少がなくなります。エネルギーと水分補給がゼロになることで、消耗や脱水のマイナス効果が発生しなくなります。

  • ボット設定

ソロのオフラインモードから、ボットの量(完全不在を含む)と難易度を調整するオプションがCo-opでも使用可能になりました。

  • スポーンポイントの選択オプション

スポーンポイントを選択する際に、以下の3つのオプションが追加されました。

  • 1か所に集める - グループ内の全プレイヤーがマップの中央にまとめて表示されます。
  • オンライン時:グループ内の全プレイヤーが、マップの端にそれぞれスポーンします。
  • 2チーム - グループ内のプレイヤーは2つのチームに分けられ(グループに入った順番に)、マップの異なる2つの場所で異なるチームとしてスポーンします。

 

  • 気象条件オプション

天候を細かく調整することが可能になりました。調整オプションは以下の通りです。

 

  • 時間設定

レイドに特定の時間帯を設定する機能を追加しました。希望する値を選択すると、時間の流れが止まり、常に選択した時間に対応するようになります。また、オンラインレイドのように時間を残すことも可能です。

今回は、協力モードの機能改善の第一段階です。その後、機能は洗練されていきます。改善予定のいくつかは、タイムフロー、ヘルス設定、無効化されたオーバーロードなど、すでにインターフェースで確認することができます。

隠れ家

シューティングレンジのアップグレードレベルを2つ追加しました。ムービングターゲットを含む様々なシューティングターゲットを設定し、トレーニングプログラムを使って射撃の精度を高めることができるようになりました。

 

新たな注射器5種類を追加

  • Obdolbos 2

サニター社が開発した、自家製麻薬の入った注射器。往年の名作の新バージョン。TerraGroup Labsの実験は、TerraGroup Labs自体の閉鎖では終わらなかったようだ。

  • SJ12 TGLabs

特殊部隊の工作員のために開発された。身体の一部の機能を鈍化させ、一時的にエネルギー再生に動き出す。視床下部のバソプレシンを強制的に放出させ、副腎の働きに変化をもたらし、体温を下げ、知覚を高める薬。作用の終了後、身体システムの不正確な機能の代償として、通常40-42度まで体温が跳ね上がります。

  • Perfotoran (Blue Blood)

酸素運搬機能を持つ代用血液で、毒素や毒物、放射線障害などを和らげる強力な解毒剤として使用される。1980年代にソビエトの科学者によって開発された。PFO化合物をベースにしたサブミクロンエマルジョンである。血液に入ると、一時的に新陳代謝を促進し、組織を再生させる。過剰摂取や拒絶反応を起こした場合、健康に悪影響を及ぼす。

  • Trimadol

特殊部隊の工作員用に開発されたオピオイド系合成鎮痛剤。中枢および脊髄に作用する(K+およびCa2+チャネルの開口部を促進し、膜の過分極を引き起こし、痛みのインパルスの伝導を抑制する)。鎮痛作用に加え、戦闘性を高める。過剰摂取により、効果が切れた後、体力の消耗を招く。

  • PNB (Product 16)

戦闘用覚醒剤。TerraGroup Labs社で開発され、PNBと表記される。インナーマッスルを短期間で活性化させ、過緊張状態にすることで受けたダメージを軽減させる。同時に、組織の再生を促進するためのタンパク質のアクティブな合成があります。戦闘の重要な瞬間に、生物の能力を拡張するために使用されます。特殊部隊での使用を許可されている。副作用がある。

ボイスライン

  • ボスのボイスを追加しました。
    • Killa
    • Tagilla
    • Knight
    • Birdeye
    • Big Pipe

 

  • 変更点一覧
  • 武器マスタリングの進行のバランスを変更。
  • 交易と価格のバランスを調整し、新しい交易アイテムを追加しました。
  • 旧クエストの条件と報酬のバランスを調整し、新しいクエストを追加しました。
  • 一部のチェインクエストが、前のクエストを完了してから一定期間経過すると、利用可能になるようになりました。
  • ハイドアウトの様々な改善と変更。
  • 一部のクエストアイテムのスポーンポイントが変更され、アイテムは近くにあるランダムな場所のいずれかに出現するようになりました。
  • 特定のクエストのクリア報酬として、ハイドアウトのクラフト用レシピがいくつか入手可能になります。
  • Streets of Tarkovで新しいタイプの脱出が可能になりました。これを有効にするには、出口手前のエリアで緑色のフレアカートリッジを発射する必要があります。
  • クラフトをお気に入りに追加する機能を追加、またクラフトリストで名前による検索が可能になりました。
  • ボットに武器の誤作動を追加しました。
  • ローグボスの挙動を改善。

中国語、チェコ語、イタリア語、ポーランド語の最新ローカライズを完全追加

グラフィックスとサウンド

  • FSR 2.1

AMDが開発した画像スケーリング技術「FSR 2.1」に対応し、低解像度の画像をリアルタイムで高解像度にアップスケールして、より高品質なモニターに表示できるようになりました。

  • 各種ガラスの描画距離の最適化
  • デカールの描画を最適化
  • 遠距離にある樹木のレンダリングを最適化

 

サウンドメカニクスのリファイン

  • Steam Audioはプロジェクトから完全に削除され、Oculus Audioに置き換えられました。サウンドポジショニングシステムの変更はバイノーラルサウンドの設定に関係なく顕著に現れますが、最高の体験を得るためにバイノーラルオーディオを有効にすることをお勧めします。
  • 現在の実装では、サウンドポジショニングシステムは、プレイヤーの位置との関係で最終的なサウンドを形成するために、より多くの条件を処理します。
  • ポジショニングの最終調整は、Factory、Customs、Woods、Streets of Tarkovで利用可能です。その他の場所については、今後のアップデートでサウンドポジショニングの品質が徐々に改善される予定です。